2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2008.05.09(Fri)

「闘うマネジャー:業務のプロ=発注者が仕様を書く、は無謀か」という記事を読んで

ITmedia エンタープライズの「闘うマネジャー:業務のプロ=発注者が仕様を書く、は無謀か」を読んだ。

読んでみてイチイチ頷くことばかりだったのでエントリーを起すことにした。
筆者は元SEで、長崎県庁に入った際にユーザ企業つまりは発注側として「仕様を書く」点に焦点を当てている。

システム開発というものは、一般的にユーザ企業の方が当然業務に精通している。受注側のシステム開発会社はユーザ企業の業務に精通しているケースは少ない。数度の打ち合わせを経て仕様の確認、要件定義を行なう。
この要件定義、仕様が曖昧なまま開発に入ってしまい、結果的にシステムが動かない・意図した動作、処理と違うということに陥ることがままある。
コミュニケーション不足が原因だと指摘したり、テスト不足だという理由付けをしたりするが果たして本当にそうだろうか?

タグ(ブログ内検索もできます)ユーザビリティ 画面設計

12:21  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |