2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2009.11.14(Sat)

「Celeron Dual Core E1200」を「Core 2 Duo E7500(VT対応版)」に換装完了!ついでに温度比較をしてみた

「Core 2 Duo E7500(VT対応版)」の外箱
この前ケースや電源と一緒に購入したCPU「Core 2 Duo E7500(VT対応版)」をインストールしてみました。今まで使ってきたCPUは昨年の3月に購入した「Celeron Dual Core E1200」。「Celeron Dual Core E1200」は以下の通りで、廉価ながらも中々快適なPC環境を提供してくれていました。

  • 製品名:Celeron Dual Core E1200
  • 動作周波数:1.6GHz
  • L2キャッシュ:512KB
  • FSB:800MHz
  • ソケット:LGA775

タグ(ブログ内検索もできます)自作 PC パコン CPU intel core2duo celerondualcore E1200 E7500

22:43  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.23(Sun)

「Celeron Dual Core E1200」と「GA-P35-DS4 rev2」でサブマシンを組上げてみた

サブマシンに当てるPCパーツ一式
さて、先ほど宣言した通りサブマシン(当分はメインマシン)の組上げ作業に着手開始。まずはPCパーツを集めてみた。

上の写真がサブマシンに使うPCパーツ達。左上から逆時計周りに紹介すると、CPUクーラー「HR01 PLUS」、マザーボードは鉄板と名高い「GA-P35-DS4 rev2」、その上に載っているのがメモリ「CFD ELIXIR W2U800CQ-2GLZJ(PC2-6400-2GBx2)」。CPUは「Celeron Dual Core E1200」、VGAは「I-7600GST-F5F3」、電源は「ZUMAX ZU-450Z」。
最後に「Celeron Dual Core E1200」でBIOSが起動しなかった場合に備え予備のCPU「Celeron420」。「Celeron420」は元々使う予定だった「Pentium Dual-Core E2160」が巻き込み不良で起動せず、検証用としてわざわざ購入したもの。

こうして見るとここ2ヶ月で随分買ったものだ。予算も大幅にオーバーしてしまったったし。それは兎も角構成をまとめると以下の通り。ケース以外は全て新規に購入したものだ。

【サブマシンの構成】
M/B:GA-P35-DS4 rev2購入記事初期不良交換の記事
CPU:Celeron Dual Core E1200購入記事
CPUクーラ:HR01 PLUS購入記事
メモリ:CFD ELIXIR W2U800CQ-2GLZJ(PC2-6400-2GBx2)購入記事
VGA:I-7600GST-F5F3購入記事
電源:ZUMAX ZU-450Z購入記事
ケース:Windy製ALTIUM S8 AEGIS2(ケースは使い回し)

タグ(ブログ内検索もできます)PC パソコン 自作 Celeron Dual Core E1200 GA-P35-DS4

21:49  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.21(Fri)

一通りメインマシンとサブマシンのパーツが揃ったのでまとめてみた

初期不良でマザーが壊れたり、CPUが壊れたりと付与曲折があったが、ようやく一通りPCパーツが揃ったのでまとめてみた。

その前に今のマシンの構成は以下の通り。中身を差し替えサブマシンとして、新規にMicroATXでメインマシンを組むという計画。これでやっとプレスコットの爆熱から開放される・・・・

【現在の構成】
M/B:GA-8IPE1000 PRO2
CPU:P4-3.0GHz(プレスコット)Prescott 3.0E
メモリ:GREEN HOUSE 512MB×2(詳細不明。空けるの面倒)
VGA:SAPPHIRE RADEON 9600SE Edition
電源:Seasonic製SS-500HM購入記事
ケース:Windy製ALTIUM S8 AEGIS2

今のケースが大きく場所を取るので、中を開けたり場所を移動した場合に邪魔になることが度々あった(部屋が狭いというのもある)。なのでケースは流用しサブマシンとして棚へ収納し、基本的には動かさないようにする。
メインマシンは小さくして圧迫感がなく省スペースなものにし、状況に応じて場所を変えられるように小さいが高性能、そして静音なものにする。

タグ(ブログ内検索もできます)PC パソコン 自作 CPU メモリ GA-P35-DS4 E1200 E2160 7600GST

08:34  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03.17(Mon)

「I-7600GST-F5F3」(4,980円)と「Celeron Dual Core E1200」(5,950円)を購入!

「I-7600GST-F5F3」と「Celeron E1200」
この前サイクリングで秋葉に行った際にInno3Dの「I-7600GST-F5F3」intelの「Celeron Dual Core E1200」を購入しました。
Inno3Dの「I-7600GST-F5F3」の購入したのは、対応OSがWindows2000だったことと省電力であること。
今使っているマシンの中身を刷新しサブマシンに、新規にもう1台組んでメインマシンにするという計画なんだけど、サブマシンはそこそこのスペックにしてOSはWindows2000にしようと考えていた。
この前購入したSAPPHIREの「Radeon HD 3450 256MB DDR2 PCIE」だと、ドライバが対応しているのがWindowsXP/Vistaだったので、Windows2000に対応したVGAが欲しいなと思っていた。
その矢先に秋葉原のT-ZONEでGeforce 7600のグラフィックカードが安く売っているという情報を入手した。3月16日現在では7600GS、7600GT、7600GSTの3種類があったけど、別に3Dゲームをするわけでもないので最もスペックが低い7600GSTを購入した。

「Celeron Dual Core E1200」の購入理由は、いつまで経ってもCore 2 DuoE8400が入手できないから。メインマシンのCPUはE8400で当初から考えていたのだが、発売してから2ヶ月経つというのに全然売っていない。売っていても3万円とかありえない金額。いい加減待つのが面倒になったので、サブマシンのCPUを「Celeron Dual Core E1200」にして、メインマシンのCPUは初期不良交換から帰ってきた「Pentium Dual-Core E2160」にすることに計画を変更した。
「Celeron Dual Core E1200」は消費電力も低いし発熱も少ない。今のマシンのPentium4 Presccot 3GHzの爆熱からようやく開放される・・・・

タグ(ブログ内検索もできます)I-7600GST-F5F3 Celeron DualCore E1200 GeForce7600 VGA CPU グラフィックカード

08:05  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |