2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2009.05.31(Sun)
Top Page > > 別冊Lightning(ライトニング)「THE T-SHIRTS BOOK」はアメカジTシャツ満載!

別冊Lightning(ライトニング)「THE T-SHIRTS BOOK」はアメカジTシャツ満載!

別冊ライトニング 65「THE T-SHIRTS BOOK」 (エイムック 1714 別冊Lightning vol. 65)
Begin7月号の「Tシャツ・ポロシャツ特集」続いて、またまた買ってしまったのが、アメカジ満載なファッション誌「Lightning」(ライトニング)の別冊ムック本「THE T-SHIRTS BOOK」です。

アメカジ「しか」取り上げないと言っても過言ではない「Lightning」(ライトニング)だけあって、アメカジファッションに大活躍するTシャツブランドが満載。アメカジ大好きな人には必見、必読な一冊に仕上がっています。

個人的に気になるブランドを紹介すると、まずはフライトジャケットでもお馴染みの「The REAL MCCOY'S」(ザリアルマッコイズ)、BUZZ RICKSONS(バズリクソンズ)。この二つはミリタリーをモチーフにしたプリントと、しっかりとした生地のTシャツを作っていますね。
※ちなみにフライトジャケットメーカーは以前にエントリーでまとめています。

次はジーンズブランドで、EVISU(エビス)、DENIME(ドゥニーム)、pherrow's(フェローズ)、WAREHOUSE(ウェアハウス)とそのセカンドブランド「DUBBLE WORKS」(ダブルワークス)、STUDIO D'ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)、SAMURAI JEANS(サムライジーンズ)と「サムライ倶楽部」、「F.O.B FACTORY」(エフオービーファクトリー)と盛り沢山。
この記事を書いてて気が付いたのですが、DENIME(ドゥニーム)って楽天に出店していたのですね。初めて知りました。

そして以前Tシャツを購入した「CUSHMAN」(クッシュマン)に、昨年購入した「SUNNY SPORTS」(サニースポーツ)も載っています。どちらも程良く着古したテイストが特長ですね。

アウトドアブランドからは「MANASTASH」(マナスタッシュ)。こちらも随分前に麻と綿の混紡のTシャツを買っています。そしてアウトドアの王道「Patagonia」(パタゴニア)も紹介されています。

また、ユーモアが効いた和柄な「粋狂」(すいきょう)が印象的。浮世絵的な絵柄と今風なイラストを組み合わせた独特なプリントが個性的です。例えば下のTシャツとかです。


この他にもサーフボードメーカーや東洋エンタープライズのレーベルとかの多種多様なTシャツが写真付きで載っていて、値段も書いてあるので、どれにしようか迷うのも良いし、改めてどんなプリント、柄のTシャツが好みなのか再確認するのも良いでしょう。

冒頭には著名人のTシャツコレクションが晒されていたりと、ここだけでも読み応えがあります。Tシャツに関する薀蓄もさらっと厭味なく解説されているので、読み物としてだけでも楽しめます。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)Lightning ライトニング 雑誌 Tシャツ

10:24  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |