2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2009.07.11(Sat)
Top Page > 旅行/お出掛け > 奈良井宿の「ちごのふる里」で五平餅を食す(長野南部旅行6/9)

奈良井宿の「ちごのふる里」で五平餅を食す(長野南部旅行6/9)

奈良井宿の五平餅屋「ちごのふる里」
奈良井宿を歩き回って小腹が空いたなということで、奈良井宿に入って直ぐのところにある五平餅のお店「ちごのふる里」に入ってみました。

五平餅(ごへいもち)は木曾では有名な郷土食で、串に潰したご飯を巻きつけるように付けて焼いたものです。甘めのタレをつけて食べます。

「ちごのふる里」の店内(カウンター席)「ちごのふる里」の店内(座敷席)
「ちごのふる里」の店内。カウンター席と座敷席があります。カウンター席に陣取り、五平餅を注文して、店内においてあった観光雑誌をペラペラと読みながら待ちます。

「ちごのふる里」の五平餅「ちごのふる里」の五平餅
10分程たったところで、五平餅が登場。想像以上にデカイ。煙草と並べてみるとその巨大さが分るはず。しかも2本セットです。これは1本だけでも結構なボリュームがありそう。タレはゴマと醤油の甘いタレで、ゴマの風味がかなり強いです。
ちなみにお値段は480円。1本で半額だったら嬉しいのに。
甘さを時々付け合せのきゅうりの漬物をつまみながら、お茶を飲んで舌を新しくして頂きました。


さてと、奈良井宿を観光し終えてしまったので次の目的地を決めなければなりません。相変わらず計画性のない旅行をしてるので、何の予定もなし。
店内の観光雑誌を読みながら面白そうな場所を探し、次の目的地を長野県駒ヶ根市にある光前寺に設定しました。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)中山道 中仙道 奈良井宿 木曾 五平餅

14:24  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |