2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > 早朝の新幹線に乗り込み新神戸駅へ(兵庫県縦断旅行1/8)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.08(Sat)
Top Page > 旅行/お出掛け > 早朝の新幹線に乗り込み新神戸駅へ(兵庫県縦断旅行1/8)

早朝の新幹線に乗り込み新神戸駅へ(兵庫県縦断旅行1/8)

新神戸駅の駅舎
つい最近、八丈島へ旅行したばかりというのにまたまた旅行です。今回は兵庫県を縦断するという途方も無い計画です。一泊二日というまたも強行軍の旅行になるので時間との勝負。

ちなみに昨年の同じ時期には黒部ダム、黒部峡谷トロッコ鉄道、東尋坊、白川郷・五箇山を一泊二日で駆け抜けました。それに比べたら兵庫県縦断はまぁ楽な方です。

兵庫県では三ノ宮を出発し、中央の竹田城跡、和佐部の棚田、竹野浜、城崎温泉と北端まで行き、また三ノ宮に戻ってくるというルートです。ちなみに泊まるのは三ノ宮。つまり1日で兵庫県を縦に往復する訳です。相変わらず無謀な旅をするなぁと思わなくもないですが、既にガチっと形成された性格は変わりません。二日目は姫路城に行くことぐらいしか決めていません。つまりは初日は勝負ということですね。

東京駅に停車中の新幹線のぞみ3号
朝の4時半に起床して準備をして家を出て東京駅に到着し、新幹線のホームへ。6時16分発の新幹線のぞみ3号に乗車します。
ちなみに相変わらず前日は飲んでしまいました。最近は旅行の前日に飲んでしまうという悪い癖があります。

新神戸駅に着くのは8時58分の予定。3時間近い時間が掛かります。車内では暇を持て余すことが予想されるので、未だにクリアしていないニンテンドーDSの「セブンスドラゴン」を持っていって備えます。

新神戸駅の看板新神戸駅のホームと停車中の新幹線のぞみ3号
ゲームをしたり寝たり過ごしながら、定刻通りに新神戸駅に到着。意外にローカルな雰囲気がする駅です。この駅は新幹線しか止まらず、在来線に乗るには別の駅に移動する必要があります。ちなみに新神戸駅は六甲山の山際にあり、直ぐ近くにまで六甲山が迫っています。

新神戸駅を出発した新幹線のぞみ3号
乗ってきた新幹線のぞみ3号を見送ります。やっぱり新幹線は速い。あっという間に遠ざかって行きます。のぞみに乗ったのは随分久しぶりですが、あのアヒルみたいな口をした車両は何て言うんだろうか?

新神戸駅の駅舎新神戸駅の下には生田川が流れています
地下鉄に乗り換えるために新神戸駅から外に出て、新神戸駅の駅舎を外から眺めます。ホームはローカル的な雰囲気がする駅みたいでしたが、外から見るとやはり巨大な駅です。
南の方を眺めると生田川が流れていました。六甲山から新神戸駅の下を通って流れているみたいです。

神戸市営地下鉄西神・山手線に乗車
地下鉄のホームに下り、神戸市営地下鉄西神・山手線に乗車して三ノ宮駅を目指します。目指すと言っても一駅だけなので直ぐに到着です。

三ノ宮駅前
三ノ宮駅に着いて、JR三ノ宮駅のアーケード状になった旅行代理店が立ち並ぶ通路を歩きます。目指すのは日本レンタカーの三ノ宮営業所です。
三ノ宮には6年くらい前に来たことがあり、この辺りは見覚えがあって懐かしさを感じます。あまり変わっていない様子に安心しました。

ニッポンレンタカー三ノ宮店
ニッポンレンタカーの三ノ宮営業所に到着。事前にレンタカーの予約はしていたので申込書に記入するのみで直ぐにレンカーに乗車できそうです。

気温は30度を超えて32、33度
ちなみにまだ朝の9時40分だというのに温度計は32度付近を指しています。今日も暑い1日になりそうです。

新神戸トンネル有料道路の入口
颯爽と車を走らせて新神戸トンネル有料道路に入ります。まずは第一の目的地である竹田城跡へ向かいます。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)兵庫県 新神戸 三ノ宮 旅行

10:01  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。