2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2009.08.09(Sun)
Top Page > 旅行/お出掛け > 神戸南京町の元祖豚饅頭「老祥記(ろうしょうき)」で豚饅頭を食べる

神戸南京町の元祖豚饅頭「老祥記(ろうしょうき)」で豚饅頭を食べる

神戸中華街の元祖豚饅頭「老祥記(ろうしょうき)」
中華街を歩いてるだけでは仕方が無い。やはり中華街と言ったら食。食べなければ中華街にきた意味がありません。

雨の南京町を歩いてる中で一際目立ったのが、大雨にもかかわらず行列が出来ていた元祖豚饅頭「老祥記(ろうしょうき)」。この行列には気になる気なって気になって仕方が無い。

初め見た時は文字通り長蛇の列が出来ていましたが、いざ入ってみようとこの時行った時は運良く空いていました。

店内は長テーブルが3つあるだけの簡素な造り。長テーブルには向かい合う形で椅子が置かれており、一つのテーブルで八席です。ほぼ満席の状態でしたが運良く座ることができました。
カウンターの向こうの厨房には7、8人が饅頭を作ったり、蒸かしたりして大忙し・・・・でも無い様子。適度に暇そうでした。

饅頭は3個セットで270円と1個90円ですが、3個単位でしか販売していないみたい。豚饅頭を求める持ち帰り客が何度かそういうことを諭されていました。

それにしても1個90円の売価で、これだけの従業員が稼動してペイできるのだろうかと要らん心配をしてしまう。

「老祥記(ろうしょうき)」の豚饅頭は3個で270円
そんな心配を他所に、豚饅頭が運ばれてきました。不揃いな形に手作り感を感じます。中に入っている豚肉と野菜が混ざったアンが入っていますが、量はちょっと少なめ。皮は厚く、厚さは均等ではなくムラがあります。割ってみるとアンが中央にあるわけじゃなくて、ちょっと端に寄ったりしている。それにジュシーという訳でもないです。

肝心なのは見た目ではなく味の方ですが、流石にこの見てくれでは「これ美味しいのかな?」と不安が過ぎる。
そして味の方ですが・・・・うーん。美味しいといえば美味しいですが、値段なりと言ったところかな。個人的には並んでまで買い求めるには微妙かなといった感想でした。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)兵庫県 神戸 中華街 南京町 旅行

16:56  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |