2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2009.08.09(Sun)
Top Page > 旅行/お出掛け > 神戸の三宮の街の中央に位置する「生田神社」をお参りする

神戸の三宮の街の中央に位置する「生田神社」をお参りする

生田神社の鳥居
元町駅から三ノ宮駅へ辿り着き、特に目的もなかったので、三ノ宮の繁華街の真中に位置する生田神社に行ってみました。

生田神社というと、この前離婚した藤原紀香と陣内智則が式を挙げたところですね。生田神社には鎮守の森として「生田の森」が広がっています。

生田神社・生田の森(東城戸)
生田神社は日本書紀に、神功皇后の新羅遠征の帰還の途、船が進まなくなったことから祀られた由緒ある神社です。源平一ノ谷合戦の際、平家軍はこの生田の森を東の城戸(きど)として、生田川に逆茂木(さかもぎ)を並べて陣を張り、平知盛(たいらのとももり)を大将として源氏の範頼(のりより)軍を迎え撃ちました。境内には梶原源太景季(かじわらげんたかげすえ)が咲き誇る梅を箙(えびら)に挿して奮戦したという「箙の梅」「梶原の井」、また武蔵坊弁慶が義経の代理として参拝した折に奉納した竹などが史蹟として残されています。


生田神社の桜門生田神社の本殿は造り替え中
鳥居を抜け、桜門をくぐると本殿があるはずなのですが・・・・生憎と本殿は「造替」のために覆い隠されていました。張り紙には以下の通り張ってありました。代わりに本殿の後ろに仮本殿が設けられているそうです。

生田神社第三回式年造替
本殿遷座祭
平成二十年九月十九日(土)斎行


生田神社の仮本殿にあった狛犬
仮本殿は規模は小さいですが、仮と思えないしっかりした造り。手振れてしまったため仮本殿の写真はありませんが、上の写真は仮本殿の左右に配されていた狛犬です。でも、耳が長いので狛犬ならぬ「狛兎」なのかもしれません。

「史跡 生田の森」の石碑生田神社の鎮守の森「史跡 生田の森」
そしてこちらが生田神社の後方、北側に広がる「生田の森」です。生田の森の開門時間は午前10時から午後4時までだったので、残念ながらは入れませんでした。
門の外から見た印象では、夕暮の薄暗さもあって暗く鬱蒼として雰囲気でした。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)兵庫県 神戸 三宮 生田神社 旅行

18:20  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |