2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > 西伊豆の田子の「瀬浜海岸」でシュノーケリングを楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.13(Sun)
Top Page > 旅行/お出掛け > 西伊豆の田子の「瀬浜海岸」でシュノーケリングを楽しむ

西伊豆の田子の「瀬浜海岸」でシュノーケリングを楽しむ

田子・瀬浜海岸の看板田子・瀬浜海岸の案内板
伊豆の田子界隈を彷徨った挙句に辿り着いたのが、田子の海に突き出た岬にある「瀬浜海岸」です。

ここに至る道は細いため注意して運転する必要がありますが、「瀬浜海岸」には駐車場があり、シーズンオフ中のためか無料で駐車できます。また駐車場の前にはトイレとシャワー施設があり潮を洗い流すことができて便利です。

また「瀬浜海岸」は、鳥ヶ下、界島、尊之山に囲まれ入江状になっており、外洋に通じる側に波を防ぐ消波壁があり、外海の高波の影響を受けず凪いだ海が広がっています。

田子・瀬浜海岸と尊之島田子・瀬浜海岸には鳥ヶ下、尊之山が浮かぶ
「瀬浜海岸」は砂場ではなく石ころが転がる海岸です。眼前のエメラルドブルーの海には島々が浮かび、左の島が「鳥ヶ下」、その後ろに見えるのが「界島」、右の大きな島が「尊之山」です。
田子でダイビングをした後にシュノケーリングを楽しんでいるダイバー達の姿がありました。

田子・瀬浜海岸の外洋方向の景色田子・瀬浜海岸の景色。奥に見えるのは田子漁港
瀬浜海岸の左手の方は外洋と遮断する消波壁があります。このお陰で外海の影響を受けず瀬浜海岸の海は非常に穏やかです。
右手の奥の方には先ほどまでいた田子漁協が遠景に望めます。手前の岬状になった箇所にはスロープがあり登れるようになっています。

田子・瀬浜海岸の恵比寿様への道田子・瀬浜海岸の恵比寿様
スロープを登ると幾つかの石碑と恵比寿様が奉られていました。恵比寿様が漁業の神様でもありますので漁業の成功を祈って奉られたのでしょう。

田子・瀬浜海岸田子・瀬浜海岸の景色。目の前の島は尊之山
ここからは瀬浜海岸と海に浮かぶ島々が一望できます。瀬浜海岸の海は透き通りエメラルドグリーンの美しい色をしています。この辺りでも随一の美しさがあるのではないでしょうか。

DiCAPac「WP-310」で撮影した田子・瀬浜海岸の尊之島の洞穴DiCAPac「WP-310」で撮影した田子・瀬浜海岸の尊之島の洞穴
海の美しさに惹かれ、早速瀬浜海岸の海に潜ってみました。先週の萩谷海岸でも活躍した「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」に「GR DIGITAL II」を瀬浜海岸の海を撮ってみました。

左の写真は海面から撮影した恵比寿様が居る岬の辺りで、右の写真は尊之山の洞窟状になっているところです。

DiCAPac「WP-310」で撮影した田子・瀬浜海岸のガンカゼDiCAPac「WP-310」で撮影した田子・瀬浜海岸のガンカゼ
そしてこちらが尊之山の根元に群生していたウニの一種ガンカゼです。海では良く見かける生物ですが、こいつは針が長くて鋭いので注意です。

海上から見るとエメラルドグリーンでしたが、瀬浜海岸の海底は砂浜になっているためか、それとも外海の高波・うねりの影響を受けてか、海中はそれほど透明度は高くありませんでした。ただ、底が浅いので比較的安心して潜ってられます。

田子・瀬浜海岸の港
1時間程泳いで海から上がりましたが、海水温が低くて海から上がったときは鳥肌が立つほど震えました。寒かったですが、荒れ模様の外海とは正反対に瀬浜海岸の海は本当に穏やかでした。


大きな地図で見る
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)伊豆 西伊豆 田子 瀬浜海岸 尊之島 DiCAPac ディカパック

15:50  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。