2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2009.09.19(Sat)
Top Page > > 博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店でモツ鍋を食す!

博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店でモツ鍋を食す!

博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店
下北沢から日暮里に移動して、日暮里駅前のビルに入っている博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店に初訪問。

目的はモツ鍋を食べるためです。モツ鍋は昨年の冬に会社の取引先に新宿の某店でご馳走になりましたが、その時は脂っぽくてちょっと苦手な印象でした。今回は2回目のリベンジということで、どんなモツ鍋なのかが非常に気になるところです。

博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店の店内博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店のIHヒータ
「黒田」日暮里店は、掘りごたつ風になったテーブル席で隣の席とは簾で仕切られています。通路側の席は通路に面しているので完全に個室という訳ではありませんが、隣の席があまり気にならないのは嬉しいところ。

テーブルにはIHヒーターが組み込まれており、テーブル中央のヒーターでモツ鍋を煮込みます。温度を調整するボタン類はテーブル上の廊下側に組み込まれていました。

モツ鍋は味噌味の「黒田」、醤油の「青田」、塩味の「白田」、チゲの「赤田」、そして四種類の味が合わさった「海鮮」の5種類がありましたが、一番モツの臭みが気にならなそうな「黒田」にしてみました。一人前1,200円ですが、モツ鍋は2人前からの注文です。

博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店の味噌仕立てのモツ鍋「黒田」
こちらがモツ鍋「黒田」です。半透明のゼリー状の物体は出汁代わりのコラーゲンで固められたスープです。具材はキャベツ、牛蒡、ニラ、ニンニク、豆腐と主役のモツです。初めは強火で火が通ってきたら弱火にしろということでしたが、鍋の底が浅いせいもあって煮立っていなくてもスープが跳ねますので注意です。

で、味の方ですが、味噌仕立てのスープにモツや野菜の風味が溶け込んで美味しいです。ただ、肝心のモツは脂身が多くて食べにくく、それに脂臭いのが残念でした。

博多もつ鍋・薩摩地鶏「黒田」日暮里店の〆の中華麺
モツ鍋のスープを使った〆は雑炊セット、チーズ雑炊セット、中華麺とありますが、味噌にしたので味噌ラーメン風にしてみようと中華麺(350円)を追加オーダー。予め茹でられて火が通った細めの麺に、具材で出汁が取れたスープが絡んで美味しいです。

モツの脂身の多さが残念でしたが、他の点では問題なく美味しくいただけました。次回訪問時はチーズ雑炊セットに挑戦してみたいです。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)日暮里 モツ鍋 黒田

20:19  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |