2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > 実家のPC「VAIO type H」(VGC-H34B7)のメモリーをBUFFALO「D2/800-1GX2」に増設して快適化してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.06(Wed)
Top Page > PC/自作 > 実家のPC「VAIO type H」(VGC-H34B7)のメモリーをBUFFALO「D2/800-1GX2」に増設して快適化してみた

実家のPC「VAIO type H」(VGC-H34B7)のメモリーをBUFFALO「D2/800-1GX2」に増設して快適化してみた

「VAIO type H」(VGC-H34B7)
先日実家にあるパソコン「VAIO type H」にメモリを増設してきたのでレポします。「VAIO type H」はハードウェアスペックの違いによって3種類あり、実家のは「VGC-H34B7」という型番のもの。

CPUは「Pentium 4 531」で動作周波数は3.00 GHz、L2キャッシュは1MB、FSBは800MHzで、HTテクノロジー対応と中々なもの。個人的には「Pentium 4」というと爆熱でヤカンと名高い「Prescott(プレスコット)」の悪い記憶が蘇るけど。

ちなみに「Pentium 4 531」のソケットはLGA775。Core 2 DuoやCore 2 Quad、Pentium DC等と同じソケットタイプですが、と同じラインの「VAIO type H」の最上位機種である「VGC-H54B7」でも搭載しているCPUは「Pentium D 945」となり、これらの型番ではこのCPUが限界らしい。

「VGC-H34B7」の搭載メモリは512MBで、OSはWindows XP Home Edition。XPとは言え512MBのメモリーでは少々厳しい。と言うか快適さからは程遠い。

メーカーの搭載可能な最大メモリ容量は1GBとなっていますが、調べてみると最大2GBまで搭載可能らしく、その対応メモリーがBUFFALOの「D2/800-1GX2」だったので、これに換装してみました。

「VAIO type H」(VGC-H34B7)の底面の足「VAIO type H」(VGC-H34B7)のメモリースロット
まず、メモリスロットへのアクセス方法ですが、「VAIO type H」(VGC-H34B7)の説明書を読みつつ、底面に装着されている足を外します。足の左側にあるバーを押しながら横にスライドすると足が外れます。
で、説明書では足を外した後に見える穴(右の写真)からメモリを換装しろと書いてありますが、こんな狭い空間でメモリを換装するのは非常に面倒。というか、スロットに差し込むには結構強い力が要るのに、こんな狭い空間で差し込むのに充分な力が入るとは到底思えない。

「VAIO type H」(VGC-H34B7)の内部
そこで説明書には書いてありませんでしたが、分解することにしました。
まずは舐めるように本体を見回してロックされてそうな箇所の目星を付ける。そして「VAIO type H」(VGC-H34B7)の背面IOパネルを保護しているプラスティック版のネジを外すると、側面パネルをロックしているバーがあります。これを浮かすように外して側面パネルを横にスライドすると側面パネルが外れます。

ここで注意ですが、左側のサイドパネルはスチールのフレーム(補強板)と一緒に外れるのですが、外面のプラスティック板(外面の白いプラスティック)とフレームとを外す時には、プラスティック板を横に上手く滑らすように外さないと、プラスティック版のツメが折れます。これがまた微妙な嵌り方をしているので相当上手く外さないとツメが折れる結果になります(自分も折ってしまいました)。もっとも折れても再装着には問題なく、ビビリが発生することもありませんでした。何となくわざと外し難くしている気がしなくも無い。

で、ようやく「VAIO type H」(VGC-H34B7)の内部にアクセスすることができます。ちなみにメモリスロットは写真で言うと一番左下、CPUは右下のフロントファンの直ぐ後ろで、ファンレスのクラーが付いています。
自作をやってて見慣れたマザーボードと比較するとかなり特殊な形状ですね。こりゃマザーの換装は無理そう。
開けたついでに長年溜まったホコリを徹底的にエアダスターで吹き払い掃除をします。

「VAIO type H」(VGC-H34B7)の拡張スロット「VAIO type H」(VGC-H34B7)のCPUクーラー
ちなみに内部の説明をすると、左側にはPCIと思われる(PCIとかPCIeとかは詳しくないのであまり分りません)空きスロットがありました。背面にブラケットもあるので増設が出来そう。
基盤の下には小型のファンが備わったハードウェアがあり、これがTVチューナーらしいです。

右側の写真がCPUのヒートシンクです。思ったよりも小さくて、フロントファン(8cm)が吸気した吸気が直接当たるように配置されています。ちなみに写真ではファンが取り込んだ空気をCPUのヒートシンクに当たるようトンネル状の形状を作る黒色のプラスティックカバーは外してあります。

BUFFALOのメモリー「D2/800-1GX2」(容量2GB)BUFFALOのメモリー「D2/800-1GX2」(容量2GB)の本体
そしていよいよ本題のメモリー換装です。ここでBUFFALOの「D2/800-1GX2」が登場。1枚1GBで2枚で2GBのDDR2メモリー(PC2-6400)です。ちなみに購入店舗は「デジ倉家電館」です。



BUFFALOの「D2/800-1GX2」を 「VAIO type H」(VGC-H34B7)に装着
元々刺さっていた512MBのメモリを外して、「D2/800-1GX2」をカチッと音がするまで差し込んで無事に換装終了。サイドパネルを外すまでは面倒だったけど、メモリの換装自体はアッサリ終わりました。

無事にメモリ増設が終わった 「VAIO type H」(VGC-H34B7)に装着
外した部品を装着して、サイドパネルを再装着して換装終了。早速起動してみたところ無事にメモリを2GBで認識しました。トラブルがあったらどう解決しようかと考えていたのに、あっさり過ぎて拍子抜け。ちょっと残念な気持ちが無くも無いです。

そしてWindows XPが起動すると、やはりメモリが2GBあるだけあって動作が軽快軽快。流石に2コアと比べると体感速度は劣りますが、換装前に比べたら雲泥の快適さです。

今回、メモリーを換装した「VAIO type H」は型番「VGC-H34B7」のものですが、同シリーズの上位モデル「VGC-H54B7 」、下位モデルの「VGC-H24L7 」でも同じメモリーが使えます。このシリーズの「VAIO type H」を持っている方は換装してより快適な環境を手に入れるのも一考ですね。

ちなみに、メーカー製PCを分解したのはこれが始めてですが、それにしても自作に慣れているとメーカー製PCを分解するのは非常に面倒なものですね。

関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)VAIO VGC-H34B7 メモリー BUFFALO D2/800-1GX2

22:13  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。