2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > ロッヂ大宮に到着 苗場スキー場に行ってきた1/3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.13(Sat)
Top Page > スノボ/スノボグッツ > ロッヂ大宮に到着 苗場スキー場に行ってきた1/3

ロッヂ大宮に到着 苗場スキー場に行ってきた1/3

雪がたんまり積もった越後湯沢駅の周辺
今シーズン2回目のスノーボードに苗場スキー場に行ってきました。もっと頻繁に苗場に行っていた気がしたのですが、意外や意外に3年ぶりの訪問です。
しかも一泊二日で、宿泊先は苗場スキー場から程近い「ロッヂ近江屋」というペンションです。一泊二食付きで6,800円という格安価格。苗場スキー場の周りには多くの旅館やペンションがありますが、多いだけに当たり外れが多いので心配と期待が入り混じります。果たして「ロッヂ近江屋」は当りか外れかどっちなのか。

上野駅の新幹線ホームに到着する新幹線まだお土産屋も開店していない越後湯沢駅の構内
朝5時に早起きして準備を整えて、上野駅から6時14分発の上越新幹線「とき301号」に乗り込みます。新幹線の社内はハイシーズンだけあって混雑の極み。自由席は既に満杯で当然座れるわけもなくデッキで本を読みながら時間を潰しました。
本を読みながら時間を潰し、7時半前に越後湯沢駅に到着。越後湯沢駅構内はまだお店も開店しておらず閑散としていますが、スノボ・スキー客がそれぞれのゲレンデを目指して構外のバス停へと散って行きます。

雪がたんまり積もった越後湯沢駅の周辺かぐら、三叉、苗場方面へのバスを待つ行列
越後湯沢駅の東口に出て、バスのチケットを事前に購入し苗場方面のバスを待ちます。意外なことに欧米人が多い。苗場、かぐら辺りは外人に人気があるのかな?
途中で前に並んでいたDQNな奴らの連れが割り込み。普通後ろに並んでいる人に対して「すいません」の一言ぐらい言わないか?と思いながらも気が小さいので文句は言えません。

浅界下のバス停までは640円プラス100円
無事にバスに乗車して、苗場スキー場近くのロッヂ近江屋へと向かいます。下車駅は「浅貝下」というバス停。ちなみに乗車料金は640円に加えてスノボ・スキーの持ち込み料金100円が加算されます。昔はもっと安くて500円ワンコインだった記憶がありますが値上げしたのでしょうか。

苗場スキー場の近くにある「ロッヂ近江屋」「ロッヂ近江屋」の部屋(312号)
40分程バスに揺られた「浅貝下」で下車。歩いて今晩お世話になる「ロッヂ近江屋」に到着。案内されたのは3階の312号室。本来は4人用の部屋ですが、2人で利用するので広々と感じます。備え付けてある設備は暖房器具とテレビだけという簡素な造り。スノボが目的なんで別に問題無いですね。

「ロッヂ近江屋」で渡された苗場スキー場二日間リフト券引換券
で、こちらが「ロッヂ近江屋」で受け取った苗場スキー場のリフト券の引き換え券。今日と明日の二日間の分のチケットです。これは苗場スキー場ではなく宿泊先で支払うことになるということを、後から苗場スキー場のチケット売り場で知りました。

「ロッヂ近江屋」で無理に作ってもらったおにぎり
こちらが「お腹が空いたので簡単で構わないので朝食を用意できませんか?」とお願いして、作ってもらったおにぎりです。値段は1個150円でお味噌汁とお新香付き。これがまたべらぼうに美味しい。具はタラコと昆布でした。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)スノボ スノーボード 苗場

07:22  |  スノボ/スノボグッツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。