2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > CHIPPEWA(チペワ)のショートサイドゴアブーツ「ROMEO(ロメオ)」について問い合わせてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.23(Tue)
Top Page > 買物 > CHIPPEWA(チペワ)のショートサイドゴアブーツ「ROMEO(ロメオ)」について問い合わせてみた

CHIPPEWA(チペワ)のショートサイドゴアブーツ「ROMEO(ロメオ)」について問い合わせてみた

CHIPPEWA(チペワ)のロゴマーク
一昨年の年末にアメカジスタイルに合うブーツをREDWINGとCHIPPEWAを中心に比較してCHIPPEWAのショートサイドゴアブーツ「ROMEO(ロメオ)」に白羽の矢を立てたという記事を書きましたが、欲しいと思ったものは割と直ぐに購入してしまう自分としては珍しく購入せずに今に至ります。

躊躇していたのには理由があって、CHIPPEWAは今ではアメリカで生産されてて、メイドインアメリカは全然良くてむしろそうあるべきだと強く思うのですが、本来はワークブーツ、つまり作業で使われる靴であるため造りが粗く、左右で大きさが微妙に異なったり、縫い目が雑だったり、革に傷がついていたりしているからです。

大雑把な性格のアメリカ人でしかもワークブーツなので造りの粗さは仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでもCHIPPEWAのROMEOは定価が31,290円もするブーツです。

大枚をはたいて失敗してガッカリしたく無いのは誰しも同じ。リスクが高いなぁと二の足を踏んでいましたが、ちょうど最近、長年履いていた同じスウェード(OAKWOOD SUEDE )のCLARKS(クラークス)のNATALIE(ナタリー)がクレープソールが限界まで磨り減ってお亡くなりになったので、CHIPPEWAのROMEOの購入を決意しました。

ただ、上に書いたリスクがあるため、なるべく状態が良い物を選べないかと幾つかのお店に問い合わせをしてみました。大部分はしっかりとした返答がもらえましたが、中でも最も対応が良かった「select shop Nose Low」で購入を決定。何回がやり取りをしてサイズを決めて注文しました。決め手な丁寧な応対で文章から誠実さが伝わってくる返答だったところですね。

最悪だったのが神戸にあり楽天にも出店している「FLISCO」というお店。何が最悪って問い合わせて返って来たメールの文面が非常に高飛車。要約すると「注文してから交渉してあげるよ。」と上から目線とも受け取れる返答。
こちらの誤解もあるかもしれませんが、それに加えて文章を何度も読み返しても意味が分からない部分が多々あり、再度質問メールをメールを送っても返答は無し(今から1週間以上前の話です)。
このお店には以前に何かを購入しようと問い合わせて似たいような経験をしたことを思い出しました。後味が悪い思いです。

話を戻すとCHIPPEWAのROMEOを1年以上悩んだ末に購入した訳ですが、3万円を超える靴を買うのは随分と久しぶり。
ようやく購入した高揚感と本当に状態が良いのが届くのか不安とが入り混じった気持ちです。


[チペワ)] Romeo (SAND SUEDE/9)[チペワ)] Romeo (ORO RUSSET/10)[チペワ)] Romeo (BLACK/8)
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)REDWING レッドウィング CHIPPEWA チペワ ブーツ

08:16  |  買物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。