2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2007.06.28(Thu)
Top Page > Web/ブログ > GoogleWebMastertool(ウェブマスターツール)を導入してみた(2/2)

GoogleWebMastertool(ウェブマスターツール)を導入してみた(2/2)

前回のエントリーからの続き。前回はGoogleウェブマスターツールに申込み、livedoorブログFC2ブログでどう実装するかを簡単に説明した。
今回は簡単にGoogleウェブマスターツールの機能を説明する。

GoogleWebMastertool_01
metaタグがうまく貼れると、「確認済み」の箇所にチェックマーク(レ点←懐かしい)が出る。これが正常にGoogleWebマスターツールでmetaタグが確認できている証拠だ。

レ点ではない場合はうまくmetaタグが貼られていない可能性があるので確かめて欲しい。
登録されたサイトのURI(管理:http://~)となっているURIをクリックすると、下の画面に遷移する。

GoogleWebMastertool_02
「診断タブ」のトップページでは、Googleのクローラがいつサイトにアクセスしたのか、またサイトをクロールした結果、どういうエラーが発生したかという概要が表示されている。

GoogleWebMastertool_03
左メニューから「ウェブクロール」をクリックした画面は上の画面。「開始日」と「終了日」で範囲指定をすることで、その範囲のクロール結果を出すことができる。
なお、「携帯サイト」メニューでは携帯サイトの状況を上の画面と同じように確認できるが、livedoorブログでは携帯サイトのHTMLソースはカスタマイズできないので、metaタグが貼れないので、結果が出てこない。FC2ブログでは同じmetaタグが使われているらしく携帯サイトの状況も確認できる。

GoogleWebMastertool_05
続いて「運用ツール」の「robots.txt」では、特定URLへのクロールを禁止したり、Googleロボットのクロールをはじいたりできるが、ドメインのトップレベルに「robots.txt ファイル」を配置する必要がある。
livedoorブログの無料版の場合だと「http://blog.livedoor.jp/******/」という形になるため、「http://blog.livedoor.jp/」に「robots.txt ファイル」を置くことができないため、残念ながらこちらも使えない。

GoogleWebMastertool_04
「サイト確認の管理」では、導入時にはったmetaタグの確認ができる。またGoogleウェブマスターツールではこのタグが貼られていないページは、このサイトの所有者のページではないという判別を行っている模様。

「イメージ検索の機能強化」はGoogleのイメージ検索の機能を強化する設定らしい。有効にするとGooglenoイメージ検索で自分のブログの画像がヒットしやすくなる。
「URL の削除 」の削除はGoogleのキャッシュ、つまりはGoogleの検索結果に表示したくないURLまたは画像を申請することができる。


GoogleWebMastertool_06
「統計」タブをクリックすると、「クロールに関する情報」が表示されるが、これもドメインのトップレベルではないと使えない。本来であれば「Google での PageRank」や「PageRank の高いページ」を確認することが出来る。

GoogleWebMastertool_07
「クエリに関する情報」には、Google検索でどういうキーワードでサイトに訪問したのか、またそのキーワードでの平均順位は何位だったのか、という過去7日分のデータが表示される。

GoogleWebMastertool_08
「ページ分析」はGoogleの説明によると「Googlebot がサイトのページをどのようにクロールしたかを確認」できるとあるが、よく分からない・・・・

GoogleWebMastertool_09
「インデックスに関する情報」はGoogleの検索オプションで、サイトがどのようにインデックス化されているかが確認できる。つまり「site:」であればサイト内のインデックス状況が、「link:」であればトップページにリンクを貼っているページのインデックス、「cache:」はGoogleのキャッシュ状況、「info:」はうーん、よく分からん。「related:」は類似性のあるサイト状況が確認できる。

GoogleWebMastertool_10
「リンク」タブでは、外部リンクと内部リンクの状況が確認できる。
「外部リンク」では自分のサイト以外のサイトから貼られているリンク数及びURLが確認できる。自分のサイトの中でどういうコンテンツが人気があるのかの一つの指標になる。
「内部リンク」はその逆で、自分のサイト内でのリンク状況が確認できる。

GoogleWebMastertool_11
「サイトマップ」タブでは、Google所定のファイル形式で生成をしたサイトマップファイルをディレクトリに配置する必要があるが、残念ながらlivedoorブログの無料版にはディレクトリにファイルを配置することができない。FC2ブログでは標準でサイトマップが用意されているので登録しよう。サイトマップのURLは、「<http~で始まるブログのURL>/sitemaps.xml」になる。このブログの場合は「http://amatoboss.blog31.fc2.com/sitemaps.xml」となる。


livedoorブログの無料版では使えない機能もあるが、「どういうキーワード」でサイトを訪問するのか、また「そのキーワードでの検索結果順位」、「外部リンクの状況」が分かるのは魅力的だ。
また、ブログだからこそ手軽に実装できるという利点(metaタグ貼って再構築するだけ)もある。しかも無料。自分のサイトを知る第一歩としても導入を進めたいツールである。

08/06/26追記
FC2ブログ向けに加筆・修正しました。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)google GoogleWebMastertool Googleウェブマスターツール サイト分析 サイト解析 Web

07:34  |  Web/ブログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |