2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2007.07.22(Sun)
Top Page > 旅行/お出掛け > 横浜は鶴見の沖縄人街「リトル沖縄」に行ってきた

横浜は鶴見の沖縄人街「リトル沖縄」に行ってきた

横浜に向かっている途中の京浜東北線の中で、以前に俺の会社の先輩であり、自転車や海に行くグループの隊長から「川崎には沖縄人街があるんだよ。」という話を思い出して、急遽川崎駅で降りてみた。
いつものように下調べは全く無し。なので「川崎」という単語から川崎駅に降りたんだけど、ホームで携帯電話でぐぐってみると、川崎駅ではなく鶴見駅だと分かった(汗)という訳で、鶴見駅で下車。

鶴見駅
鶴見駅は初めて降りたけど、高いビルがなくて平坦で視野が広いなと感じた。東口の駅前にはでかいバスターミナルがある。何線あるのかは確認しなかったけど、10近くの乗場があった。
携帯電話でぐぐって見つけた「横浜鶴見沖縄ストリート」というサイトによると、鶴見駅の東口のバスターミナルから6番乗場で27系統安善町行きで「潮田神社前」下車となるらしい。

鶴見駅バスターミナル6番乗場
正直に6番乗場で待つこと10分弱。ようやくバスが来たが、乗車したら15系統だった。どうも「横浜鶴見沖縄ストリート」の情報が古かったみたい。15系統なので「向井町三丁目」で降りることにした。

バス内の市営バス路線図
バス内にあった市営バスの路線図。ヤタラと路線が沢山ある。

「向井町三丁目」で降りたがどっちに行けばよいのか皆目検討も着かない。すぐ近くにコンビニがあったのでコンビニの店員(兄ちゃん)に道を聞くと、わざわざ地図を取り出して丁寧に説明してくれた(兄ちゃんサンキュッ!)。その手馴れた様子には道を尋ねる人が沢山いるんだろうな等と思っていると、「沖縄人街って名前かどうかは知りませんが」だって。正式名称では無い模様だ。

仲通り商店街
おきなわ物産センター」が目印ということなので、ともかく道が分かったので、教えてもらったとおりに歩いて行くと、そこはバスで走り抜けた「仲通り商店街」だった・・・・・初めからここで降りればよかった。

おきなわ物産
ともあれ、無事に「おきなわ物産センター」を見つけ、「ここが沖縄人街『リトル沖縄』かぁ」っと感嘆する間もなく、到着した途端にメシにすることに。だって朝から何も食べていなかっただもん。

おきなわ亭
おきなわ物産センター」隣の沖縄料理屋「おきつる会館」に入る。
おきつる会館」は入り口横の自動券売機で食券を買う仕組みになっており、定番の「沖縄そば」「ソーキそば」「ゴーヤチャンプル」などの見知ったメニューと共に「フーチャンプル」「ナーベラーチャンプル」「チキナーチャンプル」等の変わったメニューが並んでいる。
ここは去年行った宮古島で食った「フーチャンプル」に決めた。お値段850円とやや高め。まぁ沖縄料理がここで食えることを考えると安いものか。
ついでに「島らっきょ」(250円)も注文した。

店内には沖縄民謡のような音楽が流れ、意外に混みあっていた。地元の人と思われる人たちと観光客だと思われる人たちの半々。中々の繁盛っぷりだ。

島らっきょ 250円
先に「島らっきょ」が届く。いわゆる「らっきょ」と違って酢漬けではなく塩漬けになっている。ノビルのような食感で野趣ある味だ。

フーチャンプル定食 850円
待つこと15分。混んでいることもあってやや料理に時間がかかるようだ(手際が悪いだけかも)。ようやく出された「フーチャンプル」は何と!沖縄ソバの小鉢が付だった!(メニューを良く見たら定食には沖縄ソバが着くと書いてあった)。
味の方はちょっと油っこいけど、まぁまぁ美味しい。「フーチャンプル」の「フー」は「お麩」のこと。この「フーチャンプル」に使われていたのは、よく見る乾燥したものではなくて生麩だと思う。ちなみに写真の左に移っている小皿は炒めミソのようなちょっと甘辛い感じ。右側の小皿は人参と大根を千切りにして酢漬けにしたもの。

おきなわ亭の店内
店内の様子。食べ終わった頃には客ははけて誰もいなくなっていた。

おきなわ亭の店内にあった沖縄方言暖簾
「沖縄方言」の暖簾があった。可愛らしい。

腹も一杯になったし早速「おきつる会館」隣の「おきなわ物産センター」に入ってみることに。
おきなわ物産センター」がこれまた面白い!面白いものが沢山売っていたので思わず写真を撮ってしまった(もちろん買い物もしたよ)。

生のゴーヤとナーベーラ
「ゴーヤ」と「ナーベーラ」が生で売っていた。生のナーベラー(ヘチマのことね)を見たのは小学生以来。

島豆腐とゆし豆腐
「島豆腐」と「ゆし豆腐」

まさに圧巻!の大量の沖縄そば
「沖縄ソバ」がこんなにも!これだけあると圧巻!

ゴーヤチャンプルーふりかけ
「ゴーヤチャンプルーふりかけ」

沖縄限定のハイソフトとカルピスパイングワー
共に沖縄限定発売の「黒糖ハイソフト」と「カルピスパイングワー」

即席麺の沖縄そば
即席めんの「沖縄そば」がこんなに!


買い物を満喫して、なんとなくこっちの方角が駅だろうと検討をつけて鶴見駅を目指す。

鶴見川と船
途中の鶴見川では漁船だか貨物船だかが走っていてちょっぴり風流な感じ。

鶴見駅に向かう途中にあった変なオブジェ
こんな不思議なオブジェもありました。

帰宅後、PCで改めてぐぐってみると、@nifty:デイリーポータルZ:鶴見リトル沖縄さんぽを見つけた。沖縄的なお店の他に、ブラジルやらボリビヤやらの南米的なお店があるらしい。
やっぱり下調べって大事よね。リベンジを誓って次回はしっかり計画を練ります!
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)鶴見 川崎 沖縄 沖縄人街 リトル沖縄

22:47  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

●横浜市鶴見駅近くで「リトル沖縄」がある’仲通り商店街’

私も東京から比較的に近く行ける沖縄人街(リトル沖縄)を探していました。
リトル沖縄は横浜市の鶴見駅からバスで「仲通り商店街」で下車して、’おきなわ物産センター’と’おきつる会館’を目印にして行けばいいんですね!
沖縄の食べ物や食品、おみやげ品の他に、南米のブラジルやボリビア、ペルーのお店やレストランなどがあるなんて、おもしろそう~!
素敵な情報をありがとう。
maru | 2014年01月21日(火) 23:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |