2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2007.12.17(Mon)
Top Page > > 久々な更新な訳ですが。。。

久々な更新な訳ですが。。。

先月の下旬くらいに持病の粉瘤(と思われる)がまたまた悪化し、相当苦しみ、同時に仕事がバタバタと忙しくなると共に、更に同時に仕事ですんげー嫌なことがあって気分的に最低で、ブログの更新もサボってしまった。

社会人になってもう大分経つが、まぁここまで最低な気分になったのは初めて。口は出すが責任は取らず、自分のミスは認めないバカのおかげ。
どこかで『「成功よりも如何に失敗しないか」が昇進の条件』と言われるが、まさにその通り。上の言うことは絶対、黒いものが白だと言われればその通りだと答え、ワンと鳴けと言われればワンと鳴くYESマンばかり。まさに「走狗」と言うのが相応しい。
旧態依然とした時代錯誤な体質で権限委譲がまるで進んでない。YESマンが織り成すピラミッド構造。ネットという新しい分野に進出したいが空回りだけで虚しく何の成果も挙げられないだけ。意思決定の尋常ならざる遅さが時代のスピードに全く付いていけてない。「やろう」と思った時から、実際に「やる」時には既に時遅し。時流に置いてかれ続けている。

また、隣の芝生の青さを確かめてから追随するというリスクを全く取りたくない姿勢も、体質のなせる技だろう。
まっここまで愚痴ったが、結局はこんな企業1.0にも満たない会社に居続ける自分も悪いわけだが。

そんなこんなで人生で最も最低な気分だったが、心の片隅にこのブログのことを思っていた。「やべ~ヤフオクに出品してない」とか「全然更新してねぇ」とか。
図らずも、ブログからちょっと距離が置けたことにより、「どうしてブログを書いているのか?」を改めて考え直す良い機会になった。

毎度、何を買った、それはどうだったかとかの買い物のレビューとか、催しものや旅行に行ったとか、ニュースを取り上げたりとか。そんなことを書いてた訳だが、いつしか「毎日書かなければならない」という脅迫観念に近い感覚で更新するようになっていた。
また、できるだけ、この記事のような自分の感情の良くない部分を見せないように出さないようにしていた。
知らず知らずの内に肩に力が入ってしまい、またいわゆる「良い子」のように振る舞い、意固地になって更新し続けていた気がする。

もちろん、このままブログを止めてしまおうかとも考えたが、ブログは自分の過去の行動やイベントを振り返るにも役に立つし、ある意味「記憶を引き出す糸口」の役割もある。ようするに自分にとってメリットがあるわけだ。

色々考えたが、もっと肩の力を抜いて、リラックスして、ブログに更新は気が向いた時に、記事に載せたいことがあった時に更新しようと思う。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)

20:47  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |