2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2008.01.19(Sat)
Top Page > patagonia/アウトド関連 > GORE-TEXなモノを色々紹介(4/4):patagonia編

GORE-TEXなモノを色々紹介(4/4):patagonia編

GORE-TEXロゴ
ARC'TERYX(アークテリクス)編HAGLOFS(ホグロフス)編THE NORTH FACE(ザノースフェイス)編と続いた勝手企画「GORE-TEXなモノを色々紹介」で、有終の美を飾るのが街着アウトドアメーカの雄patagonia編。patagoniaの中でも最後のGORE-TEX製となったプリモジャケット(PRIMO JAKET)を紹介。

patagonia 05年モデルプリモジャケット
購入したのは2006年の2月。ODBOX楽天店の決算セールで43,715円で購入した。ちなみにこのプリモジャケットは2005年モデル。素材はGORE-TEX XCRの2レイヤー。2006年モデルからはH2No素材に変更された。

フードは着脱式
以前のプリモジャケットは収納式だったが、これは着脱式。マジックテープで固定するようになっている。

右胸のジッパーポケット
右胸は大きなフラップ付きのジッパーポケットが備わっている。ジッパーは止水ジッパーではない。

止水ジッパー仕立ての腰ポケット
左右の腰ポケットは止水ジッパーのポケットが付く。胸ポケットと違って腰ポケットに止水ジッパーが使われているのは、水が上から下に落ちるので胸ポケットは大きめのフラップがあれば浸水は防げるが、腰ポケットだと、縦方向にジッパーをつけるのでフラップでは水が防ぎにくいため、止水ジッパーが使われいるのだと思う。

脇下のベンチレーション
脇下のベンチレーションはダブルジッパーでフラップ付き。こちらも止水ジッパーではない。

patagoniaの刺繍ロゴ
左胸には「patagonia」のブランドネームの刺繍が入る。

左袖のGORE-TEX XCRの刺繍
左腕の袖口には「GORE-TEX XCR」の刺繍が施されている

フロントジッパーはダブルジッパー
フロントはダブルジッパー仕立てで、二重フラップで風と水を強固に防いでくれる。

襟元のpatagoniaタグ サイズはM
襟元には「patagonia」のロゴタグと成分表記のタグが付いている。サイズはMサイズ。USAサイズなので日本サイズのLサイズに相当する。

左内側のジッパーポケット
左内側にはジッパー式のメッシュポケットが付く。なお内側には全面的にメッシュ状の裏地が張られている。

右内側のメッシュポケット
右内側にもメッシュポケットが備わる。こちらはジッパーは無し。

スノースカート
裾には雪の進入を防止するためのスノースカートが付いている。ドローコードで絞り具合を調整することができる。

このプリモジャケットを購入したのはたまたま。学生時代からプリモジャケットは格好良いなぁと思っており、たまたま購読していたODBOX楽天店のメルマガで決算セールを知り、ページにアクセスしたらたまたまプリモジャケットが安くなっていたので購入した。これが最後のGORE-TEX製プリモジャケットになるなんて思いも寄らなかった。
偶然が重なって購入できた訳なので、さすがにこのプリモジャケットを本来の用途=スノボ用途に使う勇気は無い。
それに憧れの逸品だったので大事に着て行こうと思っている。アウトドアを本格的にやっている人には申し訳ないとちょっと思うけど・・・

初買でSAGE DE CRET TRAJET(サージュ・デ・クレ・トラジェ)のGORE-TEXジャケットを購入した際の思いつきで、持っているGORE-TEX製品を公開してみたけど、自分で意外だなぁと思うほど持っていなかった。
やっぱり値段が高いのと、これだ!と思えるものしか買っていないからだと思う。意外と堅実(?)な買い物していたんだなぁと思った今日この頃でした。

関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)patagonia パタゴニア GORE-TEX ゴアテックス プリモジャケット

09:04  |  patagonia/アウトド関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |