2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2008.03.09(Sun)
Top Page > > 「支那麺はしご」で「排骨だんだんめん」を食べてみた

「支那麺はしご」で「排骨だんだんめん」を食べてみた

支那麺はしご
谷中銀座商店街の「支那麺はしご」に坦々麺(「だんだんめん」と正しくは言うらしい)を食べに来ました。谷中銀座はずっと前にペルシャ料理屋「ザクロ」へ行ってからだから意外に久しぶり。近いのでもっと来なくちゃなぁと思う今日この頃。
ちなみに「支那麺はしご」は有楽町にも支店があり、そこで味をしめたツレがどうしても行きたいというので仕方なく一緒に来た。本当はPCパーツを見に秋葉原に行きたかったのだが仕方がない。たまにはケアしてあげないとね。
少し前に坦々麺で散々な目にあったのに、また坦々麺かよとは口が裂けても言わない。心の中にそっと秘めておく。

支那麺はしごのメニュー
早速店に入ると狭い店内に結構なお客さん。席はカウンター席のみとなっており、10席程しかない。メニューは上の写真の通り、ちょっと迷った末にボリューミーな「排骨だんだんめん」(1,000円)を注文。ツレは定番な「だんだんめん」(800円)を注文。ライスが無料サービスだと言うので、当然付けてもらうことに。

「支那麺はしご」の「排骨だんだんめん」
待つこと数分。こちらが「排骨だんだんめん」。麺の上に排骨(パイコー)がドーンっと乗っている。残念ながらチャーシューは付かず。ちなみに排骨(パイコー)とは豚のあばら肉を玉子と小麦粉を混ぜたものを衣に油で揚げたもの。

「支那麺はしご」の「だんだんめん」 
そして普通の「だんだんめん」。坦々麺とは違いひき肉を炒めたものは付かない。

味はサッパリした坦々麺という感じ。少しだけピリっと辛いだけで胡麻の風味もそれほど強くは無く、食べやすい。排骨(パイコー)も美味しくボリューム感が良く、ご飯が進む。無料なのでご飯を御代わりしてしまった。

「支那麺はしご」の龍のオブジェ
坦々麺ながらにたんたんと食べ進むことが出来て、直ぐにお店を出ました。多分店内にいたのは10分かそこら。食べるの早すぎかな。
上の写真は「支那麺はしご」の入り口に飾られていた龍のオブジェ(正式名称は知らない)。谷中銀座商店街のお店はこんなオブジェが軒先に飾られている。

満足感に浸りながら谷中銀座を散策して、上野へ抜けようとしていた時に俺が携帯電話を無くしていることに気が付いたのだった。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)谷中銀座 排骨 坦々麺 だんだんめん 支那麺はしご

14:30  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |