2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2008.03.27(Thu)
Top Page > PC/自作 > 長年お世話になった旧PCのパーツ達に別れを惜しむ

長年お世話になった旧PCのパーツ達に別れを惜しむ

旧構成のPCパーツ達
先日組みあがったサブマシン(旧メインマシン)から換装した古いパーツを写真に撮ってみた。当り前だけど丁度一台分のパーツがある。使う予定がないので処遇に困るがソフマップあたりに売るか、オークションに出品になるかな。
初自作で2003年の9月頃に購入したから、5年と少しお世話になった訳だ。爆熱のPrescottに悩まされてCPUクーラーを換装したり、ケースファンを換装したりと廃熱と静音性を高めたりと色々手を加えたが、いよいよお別れ。たかがPCパーツとは言え、感慨深いものがあるなぁ。

マザーボード GA-8IPE1000 PRO2
マザーボードの「GA-8IPE1000 PRO2」。ATX規格でソケットは478、チップセットはINTEL 865PE。メモリはDDRとなる。購入した頃はまだCPUはPentium4が主流で、熱と引き換えに高クロックを追求していた時期。DDR2のメモリはまだまだ高かった。

SAPPHIRE RADEON 9600SE Edition
グラフィックボードの「SAPPHIRE RADEON 9600SE Edition」。3Dゲームには興味がなかったので3D性能は低いが値段が安いこれにした。確か7,000円くらいだったはず。

SAPPHIRE RADEON 9600SE Edition
「SAPPHIRE RADEON 9600SE Edition」の裏側。

GreenHouse製DDRメモリ512MB2枚
メモリはDDRで、「GREEN HOUSE 512MB×2枚」。1GBあれば快適なPC環境になると1GBのメモリを搭載した。確か1枚8,000円くらいしたはず。今はDDR2が4GB分変えてしまう金額だ。時代の流れとは恐ろしい。

SeaGate製HDD 320GB
これは死亡のため流用できないSeaGate製HDD。320GB。元々はOSブート用だったが、一昨年に死亡してしまった。

CPUクーラー
CPUクーラーはサイズ製(Thermalright)の「XP-90」。調べて知ったことだが、このソケット478用のCPUクーラをソケット775に変換できるキット「ユニバーサルリテンションキット」が売っている。これでCPUクーラーを流用しようかどうしようか思案中。ただ、8cmファンしか付けられないので、どうせなら静音性を高めるために12cmファンが付けられるクーラーに変更したいし・・・・

Pentium4 3.0GHz Prescott
CPUは「P4-3.0GHz(プレスコット)Prescott 3.0E」。熱いとにかく熱いの一言。リテールクーラは既に捨ててしまっているが、大きく重かった。今のCeleron Dual Core E1200やPentium Dual Core E2160のリテールクーラーが相当小さく感じる程だ。

マザーとVGAのドライバCD-ROM
最後がマザーボードとグラフィックボードに付属していたドライバCD-ROM。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)PC Pentium4

18:44  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |