2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2008.04.05(Sat)
Top Page > 旅行/お出掛け > ギンザ・グラフィック・ギャラリーで、08 TDC展「もじ」を鑑賞してきました

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで、08 TDC展「もじ」を鑑賞してきました

08 TDC展「もじ」
ニューキャッスルでカライライスを食した後、有楽町を散策していると、何やら「もじ」という文字の看板を発見。ギンザ・グラフィック・ギャラリー第262回企画展、08 TDC展「もじ」でした。
主催は東京TDCで、共催は大日本印刷が運営するギャラリーの一つ「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」、協力が女子美術大学という豪華な顔ぶれ。
ギンザ・グラフィック・ギャラリー」に来たのは全くの偶然だったけど、折角なので入ってみることに。

08 TDC展「もじ」
残念ながら展示内容は写真に撮れなかったが、「もじ」という位なので、「書体」を映像、本、ポスター等の様様な媒体でどのように表現するかという内容。

こういう作品には初めて触れたんだけど、心に残ったのは、ポリンキーやピタゴラスイッチで有名な佐藤雅彦さんの映像作品、とらやのロゴマークやサントリーの烏龍茶を手掛けた葛西薫さんの作品。それに資生堂の書体。資生堂はアルファベットのオリジナルフォントがあるらしい。あと、ヒラギノフォントの有限会社字游工房の游書体。

最近デザインというものから遠く離れていたので新鮮で大きな刺激を受けた。たかがフォントされどフォント。フォントの選択を一つ誤っただけで作品全体が多く損なわれることがある。逆にフォントが作品全体を向上させることもある。片手間とは言えWebデザインの業界に関わってきた自分だけど、そのことを再認識した。
やっぱりこの業界は楽しい。見ていても楽しいし面白い。実際に参加したり作り上げれることが出来ればもっと楽しいだろうな。今の仕事内容はかけ離れすぎてしまったので残念で仕方が無いなぁと感じた。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)08 TDC展 もじ ギンザ・グラフィック・ギャラリー 銀座 美術展

16:42  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |