2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2008.04.18(Fri)
Top Page > PC/自作 > メインマシンのPCケースで「AS Enclosure D1」か「AS Enclosure 220HT」で迷う

メインマシンのPCケースで「AS Enclosure D1」か「AS Enclosure 220HT」で迷う

abeeのD1と220HT
先月にサブマシンを組上げたけど、メインマシンはまだ組んでいない。組んでいないには理由があってPCケースで迷っているのだ。

メインマシンの構成は以前晒した通り、既に決まっているんだけど、肝心のケースが決まっていなかった。
MicroATXというのは決まっているので、MicroATX規格に限定して色々なメーカのケースをネットで調べたり、レビュー記事を読んだり、秋葉原に行って実際に見たりして絞り込んだのが「Abee」というメーカの「AS Enclosure D1」(写真右側)と「AS Enclosure 220HT」(写真左側)。
(今気付いたけど、Abeeのサイトってディレクトリ名に大文字を使っているんだな。)

重視したのは、第一に見た目。
PCケースは部屋に置いたときに目に付く事になる。特に俺の部屋は狭いので常に視界に入ることになる。常に見ることになるのでそれなりに格好良いものが良い。
第二に小ささ。サブマシンに使っているケースは大きく、場所を取り邪魔である。メインマシンは小さく、場所を取らないものにしたかった。ただし、スリムタイプやキューブタイプはパーツを選ぶので避けた。
最後がエアフロー。サブマシンのケースは随分古いケースであまりエアフローが良くなく窒息気味で、ケース内部の温度が上がりがち。なので、エアフローが効率的で廃熱性が高いものにしたかった。

以上の理由で検討に検討をしまくって絞ったのが上記の二つのケース。比較を分かりやすくするために比較表を作ってみました。
(ちなみに表の作り方は「ブログにtableで作った表やコードを貼るのに便利な2つのTips」で紹介してます!)

AS Enclosure D1とAS Enclosure 220HTの比較
ケース名AS Enclosure D1AS Enclosure 220HT
価格29,980円29,980円
幅(mm)199190
高さ(mm)399350
奥行き(mm)319430
5.25インチベイ22
3.5インチベイ11
3.5インチシャドウベイ26
HDD最大搭載数37
対応規格Micro ATXMicro ATX
材質アルミニウム合金 アルミニウム合金
フロントファン1(12cm)1(12cm)
リアファン1(12cm)1(12cm)
USB2.0ポート22
IEEE1394ポート11
ヘッドフォン出力端子11
マイク入力端子11

こうして見ると「AS Enclosure D1」の奥行きの短さは驚異的。「PCケースWiki」で調べてみても、これが最短の奥行きになる。
対して「AS Enclosure 220HT」は奥行き長すぎ。通常のATX規格のケース並の奥行きだ。

ただ、「AS Enclosure 220HT」はHDDの搭載数が素晴らしい。7機というのはMicroATX規格のケースとしては随一と言える。
対して、「AS Enclosure D1」は3機と少な目。このサイズで3機も載るというのは素晴らしいことかもしれないが。

前面入力端子のUSBポートやIEEEは両者変わらないが、「AS Enclosure D1」は下段の5.25インチベイに光学ドライブを入れると使えなくなってしまう。もっとも俺の使い方では光学ドライブを2台も搭載することはないから問題ではない。

共にフロントファン、リアファンが12cmなのは心強い。エアフローで困ることはないと期待できる。

一番の悩みどころが前面のデザイン。「AS Enclosure D1」のインレットエアホール(前面に空いている無数の穴)がデザイン的にいまいちな感がある。それに埃が溜まりそう。
AS Enclosure 220HT」のスッキリとした外観と上部及び下部の丸みがあるRの方が好み。
AS Enclosure 220HT」のデザインで「AS Enclosure D2」を出してくれれば直ぐにでも購入するのに。Abeeさんお願いしますよ!

そうそう、書き忘れたけど両方とも色はシルバーを考えている。「AS Enclosure D1」の前面入力端子の部分は前面入力パネルとは別になっており、外れないようになっており、シャーシにくっ付いており、横から見ると凸状になっている。前面パネルを付けたり外したりすると、凸部分が擦れて塗装が剥れてしまう。
実際に店頭で展示してある「AS Enclosure D1」がそんな状態になっていた。

AS Enclosure 220HT」のブラックは前面のネジが銀色なので、黒地に銀で妙にネジ部分が目立ってしまう。「AS Enclosure M4」と同じようにネジもガンメタルにして欲しかった。

という訳で、まだまだケース悩みが続きそう。「AS Enclosure D1」に7割方決まっているけど、D2がでそうな気がして中々購入に踏み切れない。



追記


結局「AS Enclosure D1」を購入しました。決め手はやはりそのコンパクトさ。
「AS Enclosure D1」の外部と内部のレビューをしましたのでリンクを貼っておきます。他にも色々とオプションパーツを購入したりしましたので、気になる方は検索してみてください。

abee「AS Enclosure D1」の詳細レビュー(外観編) 1/2
abee「AS Enclosure D1」の詳細レビュー(内部構造編) 2/2
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)PC パソコン 自作 PCケース 秋葉原 abee

08:11  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |