2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2008.04.20(Sun)
Top Page > PC/自作 > 「I-7600GST-F5F3」のVGAクーラーで「Thermalright V2」か「Arctic Cooling Accelero S2」で検討中

「I-7600GST-F5F3」のVGAクーラーで「Thermalright V2」か「Arctic Cooling Accelero S2」で検討中

Inno3Dの「I-7600GST-F5F3」の本体
昨日に引き続き、またサブマシンネタになっちゃうんだけど、CPUクーラーを「ANDY SAMURAI MASTER」に換装し、フロントファンとリアファンを鎌フロゥの超静音タイプに換装した
これにより、かなり静音性が向上したんだけど、まだ五月蝿い奴がいる。それがInno3D製の「I-7600GST-F5F3」のファン音。

Inno3D製の「I-7600GST-F5F3」には小さなファン、おそらく6cmか7cmだと思われるファンが付いているのだが、こいつの風切り音が耳につく。起動時は全力で回転するので相当五月蝿いし、アイドル状態でもファン音がはっきりと聞こえてしまう。
しかも、ファンが回っているのにも関わらずGPUの温度が非常に高い。ファン付きでこんな温度なの?と異常に思えるくらいだ。

nvidiaコントロールパネルで計測したGPU温度は54度
nvidiaコントロールパネルで計測したGPU温度は54度。ファンレス並の温度になってしまっている。

ケース側面パネルを外して計測。54度と変わらず
ケース側面パネルを外しても54度と相変わらず高温だ。これはエアフローどうこうの問題ではない。GPU温度も気になるが、何よりも静かにしたい。そこでVGAクーラーの換装を検討することにした。

Thermalright V2とArctic Cooling Accelero S2
Geforce 7600シリーズに対応しているVGAクーラーを調べた結果、2つの候補に絞り込んだ。それが「Thermalright V2」と「Arctic Cooling Accelero S2」。例にもれず比較表を作ってみた。


Thermalright V2とArctic Cooling Accelero S2の比較
VGAクーラー名Thermalright V2Arctic Cooling Accelero S2
価格5,800円3,000円前後
幅(mm)95.6140
高さ(mm)27.632
奥行き(mm)116.2188
対応VGAnVIDIA GeForce 6600・6800・7600・7800・7900・7950・8500・8600系のPCI-EXPRESS版 ※AGP版は6800系のみ対応
ATI RADEON X700・X800・X850・X1600・X1800・X1900・ X1950系のPCI-EXPRESSおよびAGP版 X1650についてはPCI-EXPRESS版のみ対応
NVIDIA GeForce 7600・7300・6600・FX5950・FX5900 series・FX5700 (Ultra)・FX5600・FX5500・FX5200 series・GeForce 4 TI series・MX series
ATI Radeon X1650・X1600・X1550・X1300・X1050 series・X8XX・X700・X600・X550・X300・9XXX series
対応ファン15mm厚もしくは25mm厚の8cmファン
※リブ有り/無し両対応
ACCELERO専用FAN「Turbo Module」
占有スロット2(ファン無し時)
3(ファン装着時)
2(ファン無し時)
3(ファン装着時)
備考ファンは別途要購入ファンは別途要購入

価格面では圧倒的に「Arctic Cooling Accelero S2」に軍配が上がる。「Thermalright V2」の1/2の値段だ。費用対効果、コストパフォーマンスは文句無し。
ただし「Arctic Cooling Accelero S2」の問題はその大きさ。幅が140mmもある。サブマシンのPCケースに収まるかどうか不安だ。4Gamer.netのレビュー記事にもある通り、やはりサイズがネックになる。冷却性能が高いだけに残念だ。
大きさでは「Thermalright V2」の方がコンパクトだが、ヒートパイプ部分がグラフィックボードからはみ出す格好になる。この部分がどれだけの長さになっているのかが問題になる。

対応ファンでは「Thermalright V2」は汎用的な8cmファンに対応しており、ファンの選択肢が広がる。冷却性を高めるためには高回転のファンを、静音性を求めるには低回転のファンをといった選択ができる。
一方「Arctic Cooling Accelero S2」の方は、専用ファンの「Turbo Module」しか装着できない。選択肢が限られてしまう上に「Turbo Module」の実績価格は1,600円~1,700円と通常のファンより高め。別途ファンの装着を考えると、「Thermalright V2」の方が優勢と言える。

両者のメリット、デメリットを挙げると以上になる。まだグラフィックボードのネジ穴径を測ったり、評判やレビューを調べていないので決められないが、いずれにしろ早い段階でVGAクーラーを換装したい。



追記


迷った末に結局「Accelero S2」を購入しました。
無事に換装も終えて温度比較をしたついでに、PCIスロットにファンを増設できる「PC AIRCON」の効果がどうなのか検証してみました。

サブマシンのグラフィックボードInno3D「I-7600GST-F5F3」のファンをZAWARD「Accelero S2」へ換装!
グラフィックボード「I-7600GST-F5F3」を「Accelero S2」へ換装して「PC AIRCON」で温度比較してみた
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)PC パソコン 自作 Inno3D I-7600GST-F5F3 Geforce 7600 VGA クーラー

08:50  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |