2024年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
2008.05.03(Sat)
Top Page > > 「カレーの市民 アルバ」秋葉原店でカツカレーを食べてきた

「カレーの市民 アルバ」秋葉原店でカツカレーを食べてきた

「カレーの市民 アルバ」の看板
秋葉原の街をブラつき、買い物を済ませた後に、道すがらで見つけたカレー屋「カレーの市民 アルバ」にやってきました。場所は「faith カスタム館」の向かいで、「上海問屋」の右隣。

「カレーの市民 アルバ」の店構え
カレーの市民 アルバ」は初めて見たカレー屋で予備知識はゼロ。店構えを見る限りどうもチェーン店らしいが、惹かれるのが「加賀発」というところ。しかも秋葉原店は最近オープンしたらしい(帰宅後に調べてみたら4月22日と極最近!)。

上田桃子選手も好きらしい松井秀喜も足繁く通ったらしい
窓ガラスにはオープン記念と称した張り紙がしてありました。上田桃子が大好きで、松井秀喜は「満塁ホームランカレー」を良く食べにきたらしい。本当なのかな?

「カレーの市民 アルバ」の店内「カレーの市民 アルバ」のテーブル席
店内にはカウンター席とテーブル席が設けられており、外から想像したより広い。店員さんは厨房と接客を含めて4人ほどいた。17時という時間もあり店内は空いていた。

壁のメニュー
壁に貼られたカレーメニュー。カレー屋でよく見かける定番メニューが多い中、異彩を放つのが「満塁ホームランカレー」、1,000円。

卓上メニュー。カレーメニュー卓上メニュー。こちらはドリンクとトッピング
カウンター、テーブルそれぞれの席に置かれている卓上メニュー。トッピングが何も無い普通のカレー「熟成ビーフカレー」は550円とお手頃価格。このカレーがベースとなりトッピングでバリエーションを変えたメニューがある。一般的なカレー屋と同じメニュー構成だ。
カツカレーも750円と良心的なお値段。他チェーン店の値段より50円くらい安めだろうか。もちろん、トッピングを追加してカスタム可能。

「カレーの市民 アルバ」のカツカレーにクリームコロッケ載せ
悩んだ末にオーダーしたのが「カツカレー」大盛り+「クリームコロッケ」でジャスト1,000円。カレーに乗った千切りキャベツが珍しい。
ルー自体にはほとんど具は入っていない。僅かに牛肉の肉片が入っているのみで、固形体の野菜は皆無。ルーはコクがある濃厚な味で辛さは控え気味。かなり煮込まれ煮詰められたルーという具合で、濃厚という点では大宮市場の「キッチンニューほしの」のカレーに近く、また辛さを抑えた「ニューキャッスル」のカライライスという感じ。チェーン店ながらも中々の味わい。この値段だったら十分合格点。
カツとクリームコロッケも揚げ立てで、カツはやや肉が薄いが、衣がサクっと中はジューシー。クリームコロッケも外はサクサク、中はクリーミー。
千切りキャベツのアイデは意外に偉大で、濃厚なルーの味に舌が疲れたら千切りキャベツを食べて舌を蘇らせ、またカレーを食べるということができる。カレーに千切りキャベツが良く合うというのは新しい発見だった。

予想以上にナイスだった「カレーの市民 アルバ」。見つけられたのはラッキーだった。
濃厚なカレーを食べたせいか、久しぶりに「キッチンニューほしの」のカレーが食べたくなった。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)秋葉原 カレー

17:37  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |