2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2008.05.18(Sun)
Top Page > 旅行/お出掛け > 東京都は下谷の「小野照崎神社」の祭りにいってきた

東京都は下谷の「小野照崎神社」の祭りにいってきた

「小野照崎神社」の祭り
自転車に乗って特に目的も無くサイクリングをしながら上野方面に向かっていると、下谷で「小野照崎神社」のお祭りに遭遇しました。折角なので寄ってみるとことに。

「小野照崎神社」の入り口
「小野照崎神社」に来たのは初めて。というか初めて知った。お祭りは結構な賑わいで、子供がお神輿を縄で引っ張っていたり、賑やかな祭りの音楽も流れていました。
こういう日本的なお祭りは中学・高校生以来の10年以上も昔の頃。懐かしい青春時代の思い出が胸に蘇る。

「小野照崎神社」の祭りの出店
祭りと言えば出店。あんずあめ、たこ焼き、焼きそば、チョコバナナの定番的な出店から、タイラーメンや佐世保バーガーとか変わった出店も。時代の流れと言う奴だろうか。お祭りも自体は変わらない雰囲気があるけど、時代と共に中身は少しづつ変わっているのかもしれない。

水風船釣り
風船釣り。水が入った風船を吊り上げるゲームです。1回200円。俺が子供の頃は確か100円だった。色取り取りの風船が子供時代を思い起こす。懐かしい。

ピンボール
「ピンボール」。使い古した様子とレトロな絵柄が時代を感じさせる。これは初めて見た。俺が子供の頃には無かったので東京界隈のお祭りでは定番なのだろうか?

水あめ屋の当たりゲーム
あんずあめ屋の当たりゲーム。手前のボタンを押すと、電球がランダムに光る。最後とに光が止まった電球の個所に書いてある本数がもらえる仕組み。一回200円。

みかんの水あめ苺の水あめ
運良く2本当たったので、「みかん」と「苺」を選んでみた。水あめの歯に張り付く感じが懐かしい。もちろん味も懐かしくて美味しい。

「小野照崎神社」祭りの様子
路地の出店の様子。出店の数も豊富で、所狭しと並んでいる。老若男女の大勢のお客さんがいたけど、お祭りの主役はやっぱり子供。浴衣姿の子供が楽しそうにしているのは見ていて微笑ましい。

型抜きに挑戦!難易度が高い「打ち出の小槌」の型抜き
沢山ある出店の中で見つけてしまったのが「型抜き」。「型抜き」とは砂糖(だと思う)を固めた板に、ある物の形をかたどった溝があり、画鋲を使ってその形通り上手くくり貫くゲーム。形によって報償金額が決まっており、型抜きに成功するその金額がもらえるというゲーム。報奨金が高いほど難易度も高い。
挑戦すると、形は「打ち出の小槌」で報奨金は800円。中々の強敵。もちろん直ぐに割れてしまって撃沈。でも、子供時代に戻れたような気がして楽しめた。

「小野照崎神社」の山車
帰り際に車庫に戻る山車が見れました。小さいお祭りながら、装飾が凝っており見事な山車。

愛車の「ルイガノ(LOUISGARNEAU)」
ちなみに自分の愛車の「ルイガノ(LOUISGARNEAU)」。型番は忘れてしまった。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)サイクリング 自転車 祭り 下谷

15:07  |  旅行/お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |