2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2008.08.22(Fri)
Top Page > カメラ/デジカメ > デジタルカメラの防水ケース「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」を買ってみた。3,980円

デジタルカメラの防水ケース「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」を買ってみた。3,980円

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310のパッケージ裏側
人生初のデジカメRICOHのGR DIGITAL2を買って以来、すっかりデジカメを持ち歩くのが習慣になってしまい、ちょっとした外出はもちろん、旅行先でもバシバシ写真を撮りまくるようになってしまった。

俺の趣味の一つにシュノーケリングがあるんだけど、何年か前に水中の写真が撮りたいということで買ったのが、既にディスコンになってしまったニコンのニコノスIVというカメラ。もちろんフィルム、銀塩カメラです。

フィルムってのは最大でも36枚しか撮れなくて、36枚撮ったらフィルムを交換しないとならない。陸上ならパパッと交換できるんだけど、水中ではそうはいかない。水中でフィルム蓋を開けたら最後、浸水してぶっ壊れてしまう。当り前といえば当り前。

ニコノスIVでは36枚撮りきったら一度陸に上がって丁寧に水を拭き取り、フィルム巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ、裏蓋を開けてフィルムと取り出し、新しいフィルムを充填して再び海に潜るという、中々というか極めて面倒臭い。
水中では圧倒的にデジカメカメラの方に優位性があります。メモリカードの容量さえ十分だったら残り枚数を気にすることなく、ガンガン撮影することができる。

という訳で、GR DIGITAL2で使える水中ハウジングは無いかと探したが、残念ながら無い模様。仕方がないので代替品を探して、「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」を発見。

前置きが長くなりましたが、「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」を購入しました。値段は3,980円とビニール一枚のクセに結構な価格。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310のパッケージDiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310のパッケージ裏側
DiCAPac α(ディカパック アルファ)」は、大作商事株式会社という輸入商社が販売している製品で、韓国製。
「WP-310」は元々はGR DIGITALに対応しているが、ボタンのレイアウトや操作性はあまり変わっていないGR DIGITAL2でも使えるだろうと購入してみました。まぁ何とかなるでしょう。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310のネックストラップDiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310のアジャストリング
DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」に付属しているのは、ネックストラップとゴム製のアジャストリングという部品。
アジャストリングは、デジカメのレンズ部分(鏡胴)の太さによって使い分けるらしい。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310の本体
DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」の本体。ご覧の通り、ちょっと頼りなさそうな外観。これで水深10mまで防水してくれるという。
ダイビングで使うハウンジングとは比べ物にならない貧弱さが心配だ。岩にちょっと引っ掻けただけでも浸水しそう。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310の注意事項
DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の「WP-310」の本体に入っている注意事項の紙。
実際に中にデジカメを入れる前に防水テストをしてくださいね、と書かれている。もちろんテストします。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)のWP-310の開閉口
肝心のデジカメを入れたり取り出したりする「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」の開閉口。袋に一番近い位置をマジックテープで止めた後、長い口をグルグルと巻いてマジックテープで止め、最後の口はジップロックのように口がピッタリ止められるようになっており、更にマジックテープで止める仕組み。
文章で書いても訳が分からないと思うが、結構厳重に浸水しないような作りになっていると思う。

明日、神奈川県の横須賀にある猿島という無人島に行く予定なので、そこで実戦デビューしてみます。



追記


猿島には行ったものの、肌寒い気温だったので海には入りませんでした。なので折角購入した「WP-310」も使わず仕舞い。来年の夏に使ってみます。

再追記


実戦投入して「WP-310」を使ってレビューをしましたが、レビュー記事を書いている時に「GR DIGITAL II」に正式対応していのは「WP310」ではなく「WP-510」であると気が付きました。
とは言え「GR DIGITAL II」に関する部分や、「DiCAPac α(ディカパック アルファ)」に入れた操作感は共通だと思います。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)防水 DiCAPac ディカパック RICOH GR DIGITAL2 デジカメ カメラ

23:00  |  カメラ/デジカメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |