2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2008.09.06(Sat)
Top Page > > 谷中銀座の「一寸亭(ちょっとてい)」で名物「モヤシソバ」を食べてきた

谷中銀座の「一寸亭(ちょっとてい)」で名物「モヤシソバ」を食べてきた

谷中銀座の「一寸亭(ちょっとてい)」谷中銀座の「一寸亭(ちょっとてい)」
谷中銀座にある老舗ラーメン屋「一寸亭(ちょっとてい)」に行ってきました。お店の読み方が変わってて「一寸亭」と書いて「ちょっとてい」と読みます。初めて見ると絶対に読めませんね。

一寸亭」は谷中銀座の路地裏にあり、日暮里駅西口を出て谷中銀座商店街の中央通を通って「のなかストア」の手前の路地を左に入ると直ぐです。一本路地に入るので知らなければ、分からない隠れ家的なお店です。
一寸亭」の大きな青い看板が目に入りますので、見落とすことはないでしょう。


谷中銀座の「一寸亭(ちょっとてい)」の暖簾「一寸亭(ちょっとてい)」の壁のメニュー
一寸亭」は、若い頃の林家こぶ平が愛顧し「モヤシソバ」が大好きだったそうです。今回は「モヤシソバ」を注文するつもりで暖簾をくぐります。
壁には色々な料理や飲み物のメニューが貼られています。

店内は付近の住民だと思われる団体客が3組ほど居ました。和気あいあいという雰囲気で話が盛り上がっており、住民に愛されたお店だというのが良く分かります。

席はカウンター席とテーブル席が5組ほど。入り口から想像するよりも広いお店です。

「一寸亭(ちょっとてい)」の食べ物メニュー「一寸亭(ちょっとてい)」の飲み物メニュー
一寸亭」のメニューは表面が食事、裏面が飲み物です。訪れる前はラーメン屋だと思っていましたが、実際には中華屋さんです。ラーメンだけじゃなくて中華丼とか焼きそばとか、焼き餃子に水餃子と大よそ中華屋さんにあるメニューはほとんど揃っています。

価格は庶民向けの中華屋としてはちょっと高め。焼き餃子が何と500円もします。水餃子に至っては700円。う~ん。色々頼んでしまうと会計時に大変なことになりそう。

「一寸亭(ちょっとてい)」のタンメン「一寸亭(ちょっとてい)」のモヤシソバ
煮た野菜が乗った「タンメン」と、名物の「モヤシソバ」を注文しました。共に値段は750円。焼き餃子も注文しましたが写真を撮るのを忘れてしまいました。

「タンメン」は色々な野菜がタップリ乗っており、柔らかく煮られていますがしっかりを野菜の歯ごたえが残っている良い煮具合。スープの味はあっさりとした塩味です。量は割と大目で、普通のラーメンの中盛ぐらいの量はあります。

「モヤシソバ」はトロっとしたあんかけが乗っています。あんかけの中にはいためたモヤシと豚肉が入っていて、味は濃い目の醤油味。スープも醤油味で量は「タンメン」と同じく大目。味は懐かしい中華ソバと言った感じですが、あんかけの濃い味に食が進みます。このあんかけとご飯でも美味しいかも。

焼き餃子はまぁ普通ですね。取り立てて美味しいとも不味いともいえないですが、ややジューシーさが足らないように感じました。

一寸亭」はラーメンも懐かしく、何よりお店の雰囲気がワイワイガヤガヤと下町情緒が感じられます。
今回は夜に行きましたが、お昼よりも夜の方がこんな雰囲気を楽しめるのかもしれません。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)谷中銀座 ラーメン 一寸亭 ちょっとてい

21:07  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |