2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > 「G-SHOCK」の「G-5600-1JF」が故障してしまった模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11.24(Mon)
Top Page > > 「G-SHOCK」の「G-5600-1JF」が故障してしまった模様

「G-SHOCK」の「G-5600-1JF」が故障してしまった模様

故障した「G-SHOCK G-5600-1JF」
シュノーケリングやスノーボードのスポーツ用、旅行用の時計として「G-SHOCK」の「G-5600-1JF」という型番のものを使っているんだけど、どうやら故障してしまったみたい。

この時計「タフソーラー」という機能があって太陽電池で自動的に充電をして電池交換が不要というのが売り。光が当たる場所に置いておけば自動的に充電しておいてくれる優れもの。

特に暗所にしまっていた訳じゃなく、蛍光灯の光か太陽の光があたる場所に置いておいたので充電が切れたという訳じゃなく、どうやらその肝心な太陽電池が壊れてしまったらしい。

液晶に何の表示もされない「G-SHOCK G-5600-1JF」
充電切れの場合は、少し光に当てると直ぐに液晶表示が復帰するんだけど、今回はいくら太陽に当てても復帰する様子すらない。完全に逝ってしまったみたい。

こいつを買ったのはもう6、7年前で共に色々なところを旅行をした。インドやカンボジア、タイ、ベトナム、そして日本国内各地を一緒に飛び回った。それなりに思い入れがある時計なので捨てる気はしない。でも修理に出すとなると保障期間はとうに過ぎているのでそれなりに修理費用がかかるだろう。

さてどうしたものか。もう少し様子を見てみるかな。

追記


「G-SHOCK G-5600-1JF」を暫く日当たりが良い窓際に1週間位放置し、気が着いてみたら充電されて液晶が再び表示されていました。日付と時刻がリセットされましたが、調整し再び使えるようになりました。多分、太陽電池がヘタってきてしまっているのでしょうね。同じ症状になってしまったら太陽光に暫く当ててみると復旧するかもしれないです。

そういえばこの「G-SHOCK G-5600-1JF」は発売されたばかりに購入して、直ぐに一度初期不良交換しています。
同じように液晶に何も表示されなくなってしまって、そのときは太陽に当ててもダメで、CASIOに症状を伝え初期不良交換になりました。故障箇所の明示はなく、同品と交換でしたね。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)カシオ G-SHOCK ジーショック

20:52  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2009年04月07日(火) 13:35 |  | コメント編集

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2009年04月07日(火) 18:47 |  | コメント編集

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。