2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2008.12.29(Mon)
Top Page > PC/自作 > WindowsXPを軽量化する対策からWindows2000を軽量化してみた

WindowsXPを軽量化する対策からWindows2000を軽量化してみた

WindowsOSは使っているとドンドン重くなってしまうのが宿命ですが、会社で特殊用途して割り当てられたノートPCもWindowsXPの激重で全く使い物にならないくらいに重い。

CPUがPentiumMなので恐らくは5年以上前のマシンになると思われるんだけど、兎に角重く、スタートメニューを開くのにも数秒待たされるくらい。FireFoxを起動するとなると、10秒近くまたされてしまう。
これじゃ仕事にならないとWindowsの高速化に着手してみました。

で、まず行なったのが、以前に当ブログでも紹介した「Windows2000/XPを快適にするTIPS」です。
詳しくはリンク先を読んで欲しいんだけど、これを行なうだけで体感速度が改善されます。しかしこれでもまだ不十分。

そこで愛読しているブログ「| ^^ |秒刊SUNDAY」で紹介されていた以下の記事を参考に対策をしてみました。
| ^^ |秒刊SUNDAY | これでダメなら諦めろ!Windows高速化対策集2008

WindowsXPでやってみた対策


という訳で、激重のノートPCのWindowsXPを高速化すべく、上の記事を参考に対策を行なってみました。

まず、この記事で紹介されている、「Windows XP の動作を軽快にしたい - mtblue.org」が特に秀逸です。
一部「Windows2000/XPを快適にするTIPS」と被る部分もありますが、特にレジストリ周りが効果ありです。

次に同じく「| ^^ |秒刊SUNDAY」の以下の2chコピペを参考にします。
| ^^ |秒刊SUNDAY | Windows XP を軽くする裏技

この記事からはフリーソフトのレジストリ掃除とレジストリデフラグ、ドライブデフラグが役に立ちました。
具体的には、以下の通り。
CCleaner レジストリクリーナーでレジストリを掃除
Free Window Registry Repairで更に掃除
最後にNTREGOPT でレジストリをデフラグです。
更に、自分の場合は「PageDefrag」で起動時にシステムファイルのデフラグを行なうようにしました。

そしてドライブのデフラグに「AusLogics」を導入。使い方は『断片化して遅くなったHDDは「AusLogics」で爆速デフラグ :教えて君.net』に詳しいですが、グラフィカルに表示されるデフラグされていく様子がスッキリします。

ただ、デフラグしきれない場合があるので、万全を期して更に以前に紹介した「Power Defragmenter」で再度デフラグを掛けます。

以上を全て行なって、前述のノートPCがどれだけ早くなったかと言うと激速です。当社比1000%くらいのスピードでサクサク動くようになりました。もっともCPUがシングルコアなので複数のアプリケーションを動かすとモタつきは発生しますが、一つのアプリケーションだけならサクサクと動きます。この改善度合いには正直言って感動です。

Windows2000でやってみた対策


という訳で前置きが長くなりましたが、いよいよ本題。俺が自宅で使っているメインマシンのWindows2000も、段々と動作が重くなってしまっています。まあFireFoxのタブが30個くらい常時開いている上に、OperaとかPhotShopとかが起動しているせいもあるのですが、それでもクリーンインストール直後から比べたらやっぱり重い。

そこで上で紹介したWindowsXPの高速化対策が使えないかと試してみたところ、無事にWindows2000も高速化しました。

既に対応済みである「Windows2000/XPを快適にするTIPS」で紹介した対策は除外して、上でも紹介した以下の記事から、
Windows XP の動作を軽快にしたい - mtblue.org

システムフォントの軽量化
ナビゲーションバーの取捨選択
システム音源ファイルを軽量化する
「閉じる」ボタンなどをクリックしやすくする
フォルダへの最終アクセス日時の記録を停止する
マウスポインタのデザインを変更して発見しやすくする
CPUをクロックアップする

上記以外を行ないました。もちろんWindowsXPしか出来ない対策は除外します。
そしてレジストリ関連やドライブのデフラグは上に紹介した通り。

結果は無事にWindows2000も高速化に成功!CCleanerFree Window Registry Repairで不要なレジストリを削除する時に「再起動しなくなるんじゃないか?」と不安を覚えましたが、結果は無事に起動しました。
もちろん、万一に備えてデータをバックアップすることをお勧めします。

未だにその軽さが魅力でWindows2000を使っている人も多いと思うので、動作の遅さが気になったら試してみる価値はありです。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)WindowsXP Windows200 TIPS 軽量化

22:03  |  PC/自作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |