2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > 長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラを食す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.15(Sun)
Top Page > > 長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラを食す

長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラを食す

長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラ
2月14日といえばバレンタインデイで、バレンタイデイと言えばチョコレートが定番ですが、自分はあまりチョコレイトが好きではない、というかわざわざプレゼントをもらえるのだったらチョコレート以外のものが良いということで、頂いたのが「福砂屋」のカステラです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、「福砂屋」は長崎カステラの元祖とも呼ばれ、蝙蝠(こうもり)がトレードマークです。

何で蝙蝠なのかというと、上のリンク先のwikipediaでも書かれている通り、中国では蝙蝠が目出度い動物とされているからだそうです。

長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラ
「福砂屋」のカステラを箱から出すと、薄い和紙で丁寧に包まれています。和紙の表面には一面蝙蝠柄です。意味もなくバットマンを連想してしまいます。

長崎カステラの元祖「福砂屋」のカステラ
いよいよ「福砂屋」のカステラとご対面。カステラの典型とも言える上下に茶色い焼き色で、真中は玉子がたっぷり入っていそうな黄色です。

肝心のお味の方はというと下に敷き詰められたザラメのカリという食感と甘さがあり、カステラの甘味と玉子のコクが広がります。
ただ、美味しいといえば美味しいのですが、昔食べた同じく長崎カステラの「長崎異人堂」の方が美味しかった気がします。記憶が美化されているせいかもしれないですが。

ちなみにですが、カステラの語源は昔スペインにあったカスティリヤ王国だそうです。世界史を習っていたころには全然気が付かなかったですが、言われてみれば・・・ですね。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)長崎 カステラ 福砂屋

08:08  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。