2024年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2009.03.20(Fri)
Top Page > カメラ/デジカメ > 来週の鹿児島旅行に備えてに富士フィルムの「Provia 100F」の5本セット+1本を購入。そして機材選び

来週の鹿児島旅行に備えてに富士フィルムの「Provia 100F」の5本セット+1本を購入。そして機材選び


年度末のクソ忙しい来週の土日で、鹿児島旅行に行く予定があります。九州というと2年前に男3人で熊本に旅行にいったんだけど、今回も同じく男3人。まぁ男ばかりでむさ苦しいのは否定できないですが、逆に気ままな旅行が出来て気楽というもの。

鹿児島は初めて行くので全く未知なんですが、今のところ決まっているのは知覧を根城にするということ。一泊二日と短いので時間を効率的に使わなくてはならないので知覧を中心に回るところを決めないとならないです。

で、その旅行に備えて又も久しぶりに富士フイルムの「Provia 100F」の5本セット+1本を購入しました。コダクローム亡き今はこれが常用フィルムです。

「Provia 100F」の5本セット+1本はその名の通り、5本パックで1本おまけに付いてきて、1本単品で買うよりもお得です。値段は4,490円。新宿のビックカメラで購入しました。

デジカメを中心に使うようになってくるとフィルムの価格はやっぱり高いなと感じますね。フィルム代だけじゃなくて現像代もかかる訳ですし。

それでもやっぱりフィルムの存在感、物質感が好きなので銀塩カメラは止められません。フィルムが販売し続けて現像が続く限り、使い続けるんだと思います。


で、来週の鹿児島旅行に持っていく機材をチョイスしているのですが、ボディはF6、レンズは「Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)」か、タムロンの「SP AF28-75mm」(Model A09)のどちらかの標準ズームを1本。全域F2.8という明るさと軽さを考えると後者かな。
前者は既に生産終了してしまいましたね。手頃な価格で写りも良かったので後継機の登場が待ち遠しいところ。


あとは、ワイドズームで「Ai AF Zoom-Nikkor ED 18-35mm F3.5-4.5D(IF)」と、夕暮・夜用に「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」ですね。後継機とも呼べるGタイプレンズの「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」が発売されましたが、円形絞りと抜けが良い写り、そしてAF-Sの超音波モーターとスペックアップしてるので非常に気になるところ。
以下の作例を見ても描写性能は良いと思います。

ニコン「AF-S NIKKOR 50mm F1.4 G」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens_review/2009/02/02/10116.html



ただ個人的には50mmはちょっと狭く感じるので、35mmの方が良かったですね。
35mmだと「AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G」が発売されましたが、これはDXとある通り、APCフォーマットのデジタル一眼レフ専用レンズなので、銀塩カメラのF6では使えないです。非常に残念。フルサイズのデジ一も普及し始めているので是非フルサイズ対応で出して欲しいところ。

あと、単焦点だからこそVRはつけて欲しかったですね。当然価格は上がってしまいますが、撮影可能範囲がぐっと広がるのでスペックアップして出して欲しいです。

買うときもそうですが、旅行の時もどの機材を持っていくか悩んでいる時が一番楽しい気がします。もちろん撮影している時も楽しいですが、限られた荷物で撮影シーンを想像しながら、どれを持っていくかと悩んでいる時も楽しいです。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)フィルム 富士フィルム カメラ ポジフィルム

12:13  |  カメラ/デジカメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |