2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)
Top Page > スポンサー広告 > COSINA(コシナ)より「Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」が販売決定!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ(ブログ内検索もできます)

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03.25(Wed)
Top Page > カメラ/デジカメ > COSINA(コシナ)より「Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」が販売決定!

COSINA(コシナ)より「Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」が販売決定!

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21
COSINA(コシナ)より、Carls Zeiss(カールツァイス)レンズを使用したマニュアルフォーカスレンズ「Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」が4月に販売されるそうです。

デイリーニュース - コシナ、一眼レフカメラ用Carl Zeiss Distagon T* 21mm F2.8 を発表 - カメラマンWeb
http://www.digi-came.com/jp/modules/news/article.php?storyid=2744


Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」のページから主な仕様を抜粋すると以下の通り。

焦点距離 : 21mm
絞り値 : f/2.8~f/22
撮影距離 : 0.22m~∞
画角(対角線/水平線) : 90°/81°
最近接撮影範囲 : 120mm×180mm
レンズ構成 : 13群16枚
フィルター径 : 82mm
質量 : 600g
最大径 : 87.6mm
全長(マウントより) : 84.8mm(ZF)、85.7mm(ZK)
マウント : ZF(ニコンAi-S) ZE(キヤノンEF) ZK(ペンタックスKA)


焦点距離は超広角と言っても良い21mmで開放F値は2.8。明るさは単焦点としては凡庸か。いや、むしろ21mmという超広角でF2.8を確保したという点を評価すべきかもしれないです。
最短撮影距離が0.22mというのは嬉しいですね。近接撮影が出来るというのは大きなメリットです。超広角特有のパースペクティブを活用して、ぐっと寄った写真

13群16枚構成とかなりの枚数のレンズを使っているだけあって重量が600gと単焦点としては重めの部類。流石に超広角レンズだけあり、値段も超高額の186,500円です。

この「Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21」について調べていたら以下のブログ記事を発見しました。

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZFの噂(追記あり): "Haniwaのページ"作者のblog
http://haniwa.asablo.jp/blog/2008/09/16/3766351

しかし、あとからキヤノンEF用のように電子接点ありでないと動かないマウントを追加するのなら、最初からニコンFマウント用のZFにもCPUを内蔵しておくべきだったのではないか、ZFにCPUを内蔵しないのならば、EFマウント用のZEなんて出すべきではなかった。このあたりのツァイスの場当たり的な対応が不満だ。


へぇ~EFマウント用のレンズでは、CPUが内蔵されているんですね。だったら、ニコン用も内蔵してくれよと確かに思いますね。ボディにレンズ情報を登録しなくても使えるようになるし。

マニュアルフォーカスレンズでCPU内蔵レンズだと「Ai Nikkor 45mm F2.8P」というレンズがCPU内蔵していましたね。既に生産中止になっています。
確か、マニュアルカメラのFM3Aと一緒にディスコンになったと記憶していますが、ディスコン報道が流れたと同時に価格が高騰しましたね。その前にFM3Aと一緒に買っておいて良かったです。

で、話をCarl Zeiss Distagon T* 2.8/21に戻すと、個人的には21mmという焦点距離は画角が広すぎて使い難いですね。28mmか35mm辺りが個人的に一番しっくりします。

となると「Distagon T * 2/28」か「Distagon T * 2/35」ですね。「Distagon T * 2.8/25」も25mmで扱い易そうですがF2.8なので、だったらF2の少しでも明るい方を取りたいところ。

ただ、値段が「Distagon T * 2/28」が99,900円、「Distagon T * 2/35」が79,800円と高いのがネック。

4月16日からニコン純正のAiレンズも値上げになってしまうので、Aiレンズと悩むところですが、発売が新しい分Carl Zeiss の方が良さそうで、悩みに拍車がかかります。

追記


デジカメinfoさんでツァイスDistagon T*28mm F2は素晴らしい光学性能が紹介されていました。

これを読むと「Distagon T * 2/28」の描写性能は文句無しと言って良いほど良いみたいですね。
関連記事

タグ(ブログ内検索もできます)カメラ ニコン コシナ ツァイス Zeiss レンズ Nikon

18:09  |  カメラ/デジカメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

関連エントリー

Loading


Comment

コメントを投稿する

※コメントは承認するまで表示されません。


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。